【ダイワLTコンセプト】18カルディア/フリームスと17セオリーを徹底比較!

2018年、ダイワは創業60週年を迎えます。

新製品にも力が入っていて、スピニングリールには新たな規格となる「LTコンセプト」も登場しました。

今年同時期に発売となったLTシリーズのエントリーモデルである、18フリームスと18カルディアを中心に、LTコンセプトへの布石となった17セオリーも交えまして、徹底的に比較していきたいと思います。

※今回比較を行うにあたり、カタログに載っていない部分はダイワに直接聞いてみました。

18カルディアLT5000D-CXH購入レビューはこちら⇓

【ダイワ18カルディアLT5000D‐CXHファーストインプレ】最軽量オフショア用リールとしてイケる!?

LTコンセプトについて

2018年の釣具業界新製品の中でも、特に注目すべきはこのLTコンセプトという新しい規格

ダイワは、実に数年ぶりとなる非常に思い切ったスピニングリールの規格の刷新を行ってきました。

画像参照元:ダイワ

LTコンセプトとは?

「LT」とは、Light(軽い)&Tough(タフ)の略

本来なら、軽いと剛性が弱くなり、剛性を確保しようとすると、強度の高い重たいメタル素材を使わざるをえなくなる。

ところが、「軽いけど強い!」という、この相反する要素を共に実現させたというのが「LTコンセプト」です。

LTコンセプトのサイズ表記の見方

そして、このLTコンセプトに伴い、サイズ(番手)の構成も大きく変更がされました。

画像参照元:ダイワ

従来の番手より、同じ型番ならサイズが小さくなり、中間的なサイズが登場しています。

サイズの新旧を比べると、LT4000番は従来の3000番クラスに相当するサイズ。

ほぼシマノのサイズバリエーションに近い番手分けになった感じです。

数字に続くアルファベットの意味

数字の次記号はスプールの糸巻き量を表しています⇓

  • S=浅溝スプール
  • SS=超浅溝スプール
  • D=深溝スプール
  • 無=標準

それに続く「C」は、「コンパクト」という意味で、ワンサイズ小さい品番よりボディーです。

つまり、「3000-C」なら2500番のボディーということになります。

その後はギヤ比です⇓

  • P=パワーギヤ(ローギヤ)
  • 無=ノーマルギヤ
  • H=ハイギヤ
  • XH=エキストラハイギヤ

ちなみに、パワーギヤは、従来機でのノーマルギヤと同等のギヤ比になります。

これらを踏まえて「LT5000D-CXH」を例に上げると

「5000番サイズで深溝スプール、だけどボディーはワンサイズ小さい4000番で、エクストラハイギヤ」

ということになりますね…

LTコンセプトはEXIST・CALDIA・FREAMSからスタート

この、新しいLTコンセプトスピニングリール汎用モデルの主軸となるのが、2018年にモデルチェンジされたイグジスト・カルディア・フリームスの3機種です(※釣種専用モデルを除き)

そのフラッグシップとなるのがイグジスト⇓

18EXIST

画像参照元:ダイワ

ダイワの入門用~中級モデルに位置するのが、フリームスとカルディアです⇓

画像参照元:ダイワ

画像参照元:ダイワ

動画では、グローブライドの大玉さんが18フリームスと18カルディアについて解説しています。

SPONSORED LINK



LTコンセプトエントリーモデルを徹底比較してみる

さて、最新モデルであるカルディアとフリームスを比較して行きたいところですが、カルディアを見て気がつくのはボディー部分。

2017年に発売された中級機種のセオリーと同じです⇓

CALDIA

画像参照元:ダイワ

THEORY

画像参照元:ダイワ

LTコンセプトという新しい規格だと言う割には、カルディアのベースとなっているのは17セオリーのようです。

通例なら、カルディアをベースに派生モデルが発売されていくのですが、今回は順番が従来と逆になってしまいましたね。

そうなると、ベースになっているものの、非LTモデルである17セオリーとの違いも気になるところ…

価格も近いことで、購入時の比較対象になりやすいと思われますので、この3機種の違いを比べてみたいと思います。

17セオリー/18カルディア/18フリームスの比較表

僕は基本的にシーバス釣行が多いもので、比較するデータはシーバス釣りに最も需要のあるLT4000番サイズで行います。

LTではないセオリーは、従来の相当するサイズである3012Hとでスペックを表で比較してみます。

採用されている機能の違い

  THEORY CALDIA FREAMS
マグシールド
ATD
ツイストバスターⅡ
エアローター
エアベール
ABS ABSⅡ LC-ABS LC-ABS
アルミスプール 薄肉型 超薄肉型 超薄肉型
素材(ボディー/ローター) ザイオン/ザイオン ザイオン/DS5 DS5/DS4
ギア マシンカットデジギア タフデジギア タフデジギア
ラインローラーBB ×
ねじ込み式ハンドル
ラインクリップの形状 従来型 新形状 新形状

※セオリー3500番/4000番のローターはDS5製です

スペック比較表

  THEORY CALDIA FREAMS
型番 3012H LT4000-CXH LT4000-CXH
巻き取り量 95 99 99
ギア比 5.6 6.2 6.2
重量 220 225 240
最大ドラグ力 7 12 12
糸巻き量 ナイロン(lb-m) 12-150
16-100
10-190
12-150
14-130
20-150
PE(号-m) 1-280
1.5-200
1.2-310
1.5-200
2-170
2-300
BB(ボール/ローラー) 7/1 6/1 5/1
ハンドル長さ/ノブ 60/T型 60/T型 60/T型
価格(円) 33,000 26,500 18,500

何が違うの?LT新機種とセオリーを比較

ボールベアリングの数

ボールベアリング(BB)が採用されている数は、セオリー(7BB)⇒カルディア(6BB)⇒フリームス(5BB)と、グレードによって差別化が図られています。

当然ながら、上位機種ほどベアリングの数が多いのですが、どの部分が違うのでしょうか?

カタログには載っていない各モデルごとのBB採用箇所を、ダイワに聞いてみました。

18フリームス(5BB)

  • ピニオン部✕2
  • ドライブギヤ✕2
  • オシレートギヤ✕1

18カルディア(6BB)

  • ピニオン部✕2
  • ドライブギヤ✕2
  • オシレートギヤ✕1
  • ラインローラー✕1

17セオリー(7BB)

  • ピニオン部✕2
  • ドライブギヤ✕2
  • オシレートギヤ✕1
  • ラインローラー✕1
  • メインシャフト✕1

※赤文字は、18フリームスと比較してBB(ボールベアリング)が増えている箇所です

フリームスにもピニオン2点BB支持構造を採用

カルディアは、14カルディアで採用されたピニオンBB2点支持構造を継承。そして、驚くことにフリームスにも採用されました。

このピニオンギヤを支える部分が弱いと、高負荷時にブレーキが掛かったような状態になって巻けなかったり、耐久性に大きな差が出る部分です。

この辺が、従来のエントリーモデルと高級モデルを分ける部分にもなっていました。

つまり、従来なら「安物買いの銭失い」とでも言うべき差別化がなされていたのですが、NEWモデルでは1万円台のフリームスにも採用されてきたのは驚きです。

BB数と配置場所で変わること

フリームスとカルディアのベアリングの差は、ラインローラーBBが有るか無いかだけ。

ですが、ライトタックルの釣りでは、ラインのヨレやダメージを抑え、トラブルを減らし快適に使用するにはラインローラーBBは欲しいところですね…

カルディアとセオリーにはラインローラーBBが採用されていますが、フリームスの場合はベアリングチューンは必須となりそうです。

セオリーにはメインシャフト部分にもBBが配置されていることで、よりなめらかな回転を実現しています。

ギアの違い

画像参照元:ダイワ

ギヤは、巻き上げ力と耐久性を決める重要なパーツです。

NEWモデルでは、新開発の「タフデジギア」が採用されています。従来のギヤよりもカット面を大きくし、より高負荷にも耐えられるようになったとのことですが、ホームページにはこのタフデジギヤの素材についての表記がありません。

ダイワのCSに確認してみたところ、フリームスとカルディアのギヤ素材は「亜鉛」とのこと。セオリーは「ジュラルミン鍛造」です。

ギヤ剛性はタフデジギヤのLT機種

ダイワCSの回答では、ギヤ単体の剛性と回転耐久性はセオリーよりも新型LTシリーズのタフデジギヤの方が強いとのことでした、

ただし、いくらギヤ強度が上がっても、それを支えるフレームの剛性が低くては、高負荷が掛かった時にボディーがよじれて可動部に抵抗をかけてしまう事になってしまわないのだろうかという疑念が残ります…

では、その肝心なボディー剛性はどうでしょうか。

ボディーとローターの素材

画像参照元:ダイワ

ボディーとローターも、リールの剛性や耐久性を決める重要なパーツです。

フリームスのボディー剛性は落ちた?

前作の15フリームスは、剛性の非常に高いアルミボディーが採用されていたおかげで、とにかく頑丈でした。ただし、めちゃくちゃ重いのが難点でしたね。

新型フリームスは、LTコンセプトのエントリーモデルとして、カルディアとも違う新たに開発されたボディーフレームです。重たいアルミボディーを廃止しDS5強化プラスチック(ローターはDS4)に変更されました。

DS5やDS4は確かに「ライト」な素材ですが、DS5素材のリールを使用した経験では、結構捩れるので強度に不安を感じました。

一見、剛性を犠牲にして軽さをとったように感じますが、頑丈なアルミボディーを廃止しても「タフ」だとダイワが言うのは、ギヤ強度向上とベアリングの配置変更によって剛性が確保できたという事のようです(※ダイワCSの回答では、総合的な剛性はルビアスと較べても同程度とのことですが、それは流石に言い過ぎでは…?)

カルディアは従来どおりザイオンボディーを採用

1ランク上のモデルになる18カルディアは、17セオリーと共通のザイオン製のボディー。ローターにはDS5が採用されています。フリームスに比べ、より軽く、さらなる剛性の高さも確保されています。

ボディーとローター剛性は17セオリーが最強

17セオリーはボディー・ローター共にザイオンが採用されています。

カルディアやフリームスよりボディー剛性は圧倒的に上です。

単純にボディーとローターの剛性においては、

17セオリー>18カルディア>18フリームス

と、グレードによってしっかり差別化が図られています。

※ボディーとギヤに使われている素材については別の記事で詳しく解説しています⇓

【剛性?軽さ?】素材の特性から考えるスピニングリール選び~ダイワ汎用モデル編~

ATDドラグの性能差

画像参照元:ダイワ

カタログ数値だけ見ると、たしかに新モデルは最大ドラグ力が増しています。

ただし、ドラグの動作環境はスプール軸受け部分の構造やローターの剛性にも影響されるので、単純に新モデルの方が性能がいいとは言いきれません。

最大ドラグ力の数値に惑わされるな

ローターにDS5を使用しているルビアスを使用していましたが、高負荷時に結構歪む。そのせいか、ドラグの効き方に少しギクシャク感があり、同じドラグ機構を採用しているはずのセルテートとは、滑らかさに雲泥の差がありました。

新型LTコンセプトリールは、12kgもの負荷をかけて耐えられるのか、ちょっと不安です…

フリームスはドラグチューン不可に

従来なら、より滑らかなドラグの滑り出しを実現するにはスプール内部と支持部分のカラーをBBに換装するのが定番のチューンです。

しかし。18フリームスは残念ながら他2機種とはスプール軸受部の構造が違い、チューンナップが出来なくなってしまいました。

カルディアとセオリーはベアリングに換装するチューンも可能です。

ドラグ力と動作環境や操作性、チューンナップによるさらなる性能向上の余地を考えると、この3機種の中ではカルディアのドラグがポイント高いですね

重量の差

自重は、これも単純に上級機種の方が軽くなっています。

ここもやはり軽くて強いザイオンを使用しているセオリーに分がありますが、カルディアとの差は僅かです。

ちなみに、ちょっと本筋から外れますが、「巻きの軽さ」という点ではローターの重量に最も左右されるため、セオリーが一番巻き抵抗が軽くなっています。

ラインクリップの違い

画像参照元:ダイワ

NEWモデルは、ラインクリップの形状が変更されました。

これにより、従来より細いラインも、太いラインもしっかりホールドできるそうです。地味な変更ですが、従来型は太いリーダーが止められなかったのでありがたい。

SPONSORED LINK



【まとめ】17セオリー・18カルディア・18フリームスの差は?

比較してきた事をまとめると

17セオリー・18カルディア・18フリームスは

  • ボディー剛性
  • ベアリングの数
  • 軽さ

という部分において差別化が図られています。

ですが、ギアの耐久性ではLTコンセプトに分があり、上位機種である17セオリーよりも、下位機種であるはずのカルディアやフリームスの方が上という下剋上が起きてしまっていますね。

回転の滑らかさに関わる部分はカルディアもフリームスも同等ですが、リールをチューニングしていくにあたっては、フリームスでは構造上チューニングできる幅が狭いということを頭に入れておきましょう。

イグジストと比べた性能差とコスパ

これまで紹介してきた新機構のほかに、以前から採用されていたマグシールド、エアベール、ツイストバスターⅡ、ATD、エアローターなど、今回の2018年NEWエントリーモデルには、最上位機種であるイグジストにも採用されているものと同じ機能が多数採用されています。

カタログの機能表記だけ見るとほとんど差がないので「じゃあ、値段が安いフリームスでもいいんじゃない?」という気もしてしまいますが、その価格差と性能の差はどれくらいあるのでしょうか?

これまでの分析を踏まえた上で、比較対象としてフラッグシップ機であるイグジストとの性能にどれくらい差があるかを10項目各10点満点で評価し、合計点で比較してみます。

  EXIST THEORY CALDIA FRAEMS
軽さ 10 9 9 6
剛性 10 7 7 6
防水性 10 6 6 6
感度 10 8 6 5
滑らかさ 10 8 6 5
ドラグ性能 10 7 8 7
ドラグ操作性 10 8 10 10
デザイン 10 8 7 7
飛距離 10 9 10 10
コスパ 8 9 10 9
合計 98 79 79 71

流石にイグジストとは差があります…

これらの中で、お買い得感(コスパの高さ)まで考えると、下位モデルであるカルディアは、上位モデルのセオリーと同点だと評価してもいい位かなと思いました。

ちなみに、これら4機種の性能差を相対的に表す点数ですので(デザインは好みですが…)、フリームスを過小評価してるわけではありません。あくまで、イグジストとの性能の開きを数値化したらこれ位あるよということ。

セオリーの存在意義って?

新技術「LTコンセプト」の登場により、セオリーの存在意義が薄れた感がありましたが、巻きの滑らかさは一段上。

そして、ボディー・ローター共に軽量高剛性高感度であるザイオンという特性を考えれば、シビアな感度を要求される釣りには、セオリーの巻き出しの軽さは最大のメリットになります。

剛性についての話は、例えば激流の中で大型魚と強引にやり取りしなきゃいけないシチュエーションなどの限界状態での事と、長期間頻繁に使う場合に差が出るという話なので、一般的な(週一ペースで中型の魚を相手にするような)使い方では必要十分な剛性は確保されています。

SPONSORED LINK



【オススメはコレ!】あなたにピッタリのリールは?

新しくなったカルディアとフリームスは、旧モデル(15フリームス、14カルディア)と比べても、圧倒的な進化を遂げています。

特にカルディアの進化は凄まじく、コスパで考えるなら、今なら僕は上位モデルの15ルビアスよりもカルディアの方を選ぶかなという程です(性能はもちろんルビアスの方が上ですが)。

18フリームスは実際に購入して使用していますが、ほとんど不満はありません。かなり釣りのレベルが上がっても十分に使えるモデルだと思います。

これからルアーフィッシングを始める人の最初の一台や、サブタックルとしても勿体ないくらいの高性能リール。他社の同クラス製品と比較しても満足度は高く、長く付き合える一台となりそうです。

どれが一番オススメか?

やはり、用途やレベル、予算によって変わってくるので、それぞれのオススメポイントをまとめてみます。

イグジスト

こんな方にオススメ

~全てに最高を求める方に~

剛性、巻き上げ力、耐久性、滑らかさ、防水性、ドラグの効き方、どれをとっても世界最高峰リール。比較の対称となるのはシマノのステラくらいですが、これは好みの差でしょうね。

弱点

値段は高いので、まだ道具の扱いに不慣れな初心者にはオススメできない。扱い方を知らないと簡単にダメにしちゃますから…勿体ない。

18イグジストについての詳細はこちらの記事で解説しています⇓

【ダイワ18イグジスト】究極の進化を遂げたスピニングリールの最高傑作が凄い

⇒18イグジストを実質無料で手に入れる方法

セオリー

こんな人におすすめ

~シビアな感度が求められる繊細な釣りに~

ザイオン製エアローター装備で巻き出しが軽く滑らか!

エリアトラウト、ブラックバス、アジングなどのライトゲームや、シーバスでは、小型のシンキングペンシルの使用時などにオススメです。

巻き感度の高さと滑らかさが要求される繊細な釣りにはセオリー。

弱点

巻き上げ力とドラグ力の差から、パワーを必要とする釣りにはちょっと不向き

カルディア

こんな人におすすめ

~軽量高剛性でコスパが非常に高い~

レベルアップして、最初の買い替えを検討している方にオススメ。「もう高いリール必要なくない?」と思わせる程、上級者まで納得の行く性能です。

タフデジギヤ&ザイオンボディで剛性と巻き上げ力が高く、ラインローラーBBも搭載されているので、ライトラインや軽量ルアーを使用した釣りにも最適。チューニングまで考えると、このカルディアが最低ラインになります。

弱点

巻きの軽さと滑らかさという点ではセオリーに劣るが、それは主にベアリングの少なさが影響するもの。この欠点はベアリング追加チューンでだいぶ補えます。

※ヘッジホッグスタジオから専用のフルBBキットが発売されています⇓

⇒18カルディアフルベアリングチューニングキット

フリームス

こんな人におすすめ

~着実にレベルアップしていきたい方に強くオススメする究極の入門機~

もはや入門用の域を超えています。1万円台前半で買えるスピニングとしては、他社の同クラスと比較しても最高だと思う。これから始める人は、とりあえずコレを最初に買っておけば後悔しないでしょう。

弱点

DS5やDS4といった上位モデルとの素材の差により剛性はやや劣るため、LTコンセプトといえど高負荷のかかる釣りには不向き。

そして、ライトラインを使用する繊細な釣りにおいては、ラインローラーBBが無いのは致命的なので、アフターパーツを組み込むベアリングチューンは必須になりそうです。

※ヘッジホッグスタジオから専用のフルBBキットが発売されています⇓
⇒18フリームスフルベアリングチューニングキット

18フリームス・カルディアをお得に購入するには?

最近ではネット通販での価格が安くなっていることが多いので、要チェックです。

上の商品リンク(もしくは下のバナー)で大手通販サイトのAmazon、楽天、ヤフーショッピング、ナチュラムと比較できるようになっていますので、じっくり価格を比較してお得な買い物にお役立てできれば幸いです。

⇒LTコンセプトリールを実質無料で手に入れる方法



関連記事

【イグジストが実質無料!?】通信費の見直しで高級釣り具を手に入れる裏ワザ 【剛性?軽さ?】素材の特性から考えるスピニングリール選び~ダイワ汎用モデル編~ 【巻きの釣りにもハイギア?】リールのギア比で迷ったらハイギアをおすすめする理由 【ダイワ18カルディアLT5000D‐CXHファーストインプレ】最軽量オフショア用リールとしてイケる!?