Profile

坂本 匡生(きょうせい)

 

1979年11月5日生まれ

 

職業ドラマーとして、日々ドラムを叩いて生活しています(年間ライブ本数は約200本)

ライブハウスでの演奏や、アーティストのサポート、レコーディングなどをしております。

Diamond Dogsぱっちりひつじ所属

名前をよく間違えられます。

「匡正」とか、「ただお」とか、マトモに読まれたことがありません。

「きょうせい」と呼んでください。

釣りについて

無類の釣り好きで、主なジャンルはシーバスとエリアトラウト。

シーバスを釣るために海と川に囲まれた江東区に引っ越したほどで、年間釣行日数は多い年で200日ほど。ライブと同等です…

今までに経験した釣りは

シーバス、シイラ、ジギング、ショアジギング、エギング、サーフキャスティング(キス)、グレ、ブラックバス、トラウト(エリア、ネイティブ)、鯉、ナマズ、鮎(友釣り)、ワカサギ、ほかいろいろ…

釣りは好きなだけで、上手いわけではありません。

たくさん釣るよりも、大きいのにこだわるよりも、記憶に残る価値ある1匹を追い求めたい。

毎日のようにフィールドに出て得てきた経験を共有できたらと思います。

ドラムについて

ジャンル問わず、楽曲や歌を活かすドラミングがモットー

「丁度いい」をコンセプトに、ここぞというタイミングで、適切な音量で、そこに相応しい音色で、わかりやすく、そして盛り上げる所はしっかり盛り上げる!

決して目立たず、でも、なんかじわじわグッと来る。そんな境地を目指しています

ミュージシャンとしての経歴

1992年 中学校の吹奏楽部に入部したのがドラムを始めるきっかけ
1995年 高校在学時、PONTA BOXのCDに感動

「この感動を伝える側になりたい」と、職業ミュージシャンになる事を決意

1999年 洗足学園音楽大学へと進学

二年で自主的に卒業(中退とも言う)

2003年 石井匡克のサポートバンドに加入

これが、ドラムでの初めての仕事でした。

2004年 ベンチャーズなどのエレキインストや、カントリーの営業バンドの仕事

サポートミュージシャンとして数多くのライブやレコーディングを経験

ただ、この頃はまだアルバイトをしながら。

2007年 成り行きで派遣会社の営業マンとして就職することになる。
2008年 しかし、30歳手前にして音楽の道を諦めきれず、退職

一年の期限を設けて音楽活動に集中する事に。

2009年 六本木のライブハウスのハウスバンドメンバーとしての職を得る。

初めて音楽だけでご飯が食べられるようになったのがこの時から。

ハウスバンド時代は、あらゆるジャンルに渡る膨大なレパートリーと、多くのシンガーのサポートを経験。

しかし、スキルと経験値が足りず、厳しい先輩ミュージシャンにかわいがられ心を病む事に。

心療内科に通いつつ頑張ったが、結局2年で箱バンを辞める事に。

でも、ここで得た物は沢山。

2011年 Diamond Dogs加入
2012年 ぱっちりひつじ結成

共演ミュージシャン

Harimau、Cloud9、Scar face Project、Gray Hounds、Good Rockin’ Rendez-vous、6candles、尾崎裕哉、島香織、渚ゆう子、奥村チヨ、西口久美子、リンダ・コラソン、山口かおる、阿部なぎさ、正貴久也、石原有記、石井匡克、小野ひとみ、桜井美香、矢口早苗、MoMo、宮本すずよ、石川早苗、恵須川行生、中川進、岡澤敏男、エルトン永田、成田玲、田辺裕己彦、外山安樹子、児玉信一郎、谷口幸生、杉田孝弘、マイク・ダン、斉藤昌人、三枝俊治(順不同、敬称略)

My Favorite Things

■好きな食べ物

カレー、寿司、エビ、焼肉、パクチー以外の野菜

■尊敬する人物

D.カーネギー、斎藤ひとり、望月高清、青山純、父、DDのみんな

■好きな言葉

「人生は、心の思いがつくる」
マルクス・アウレリウス

 

※坂本匡生へのお問い合わせは、こちらのお問い合わせページよりお願いします⇓