【難攻不落のマイクロベイト攻略法】ハクパターンのシーバスの釣り方とオススメルアー10選

東京湾奥の河川のバチ抜けが一段落する3月ごろから始まる「マイクロベイトパターン」

今回は、代表的なマイクロベイトであるハクにフォーカスして、難攻不落と言われるハクパターンの攻略法を考察してみます。

ハクとは?

ハクとは

ハクとはボラの幼魚のこと。

ボラは北海道以南の沿岸に広く生息する魚で、とくに河口など汽水域に多く、雑食性で泥底の有機物や藻類を主に食べています。

汚染にも強く、生息域がシーバスと重なることもあり、東京湾奥では最もポピュラーなベイトフィッシュのひとつです。

ボラは出世魚であり、成長とともに呼び名が変わっていきます。その名前の変遷については地方によっても様々で、諸説ありすぎてどれが正しいのか本当のところはわかりません。

ちなみに、ウィキペディアによると関東では「オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド」と成長によって呼び名が変わるそうですが、少なくとも僕の周りではオボコやスバシリという呼び名は聞いたことがありませんね…

東京湾奥において、アングラーに広く浸透している呼び名は…

ハク(~6cm位) イナッコ(7~15cm位)→ イナ(15~30cm位) ボラ(30cm~)

こういった感じで区別されているのが一般的なのではないかと思います(サイズの基準は、範囲がマチマチなため、概ねこれ位というイメージで参考程度にお願いします)。

ボラの産卵期は10月~1月頃で、2月頃になるとメダカサイズの稚魚が徐々に群れを形成し始め、しばしば大群となることも…

東京湾奥においては、群れがそれなりの規模になりハクパターンとして成立し始めるのは例年3月頃からでしょうか。ハクが成長してイナッコと呼ばれる夏頃まで、この難しいハクパターンとは向き合わなくてはなりません。

ボラに由来する言葉
ちなみに、小粋な若い衆を表す「いなせ」という言葉は、江戸時代の髪型である「鯔背銀杏(いなせいちょう)」がイナの背中に似ていた事から。「とどのつまり」という言葉は、このボラの最終形態であるトドが由来なんだそうです。

ハクパターンで狙うポイント

常夜灯周り

ハクなどの小魚は、明かりに集まる習性がある。そのため、橋の明暗部等は定番のスポット。

特に、シャローの明暗は一級ポイントになります。

シャローからのブレイクライン

シーバスに追われたハクは、水深5~20cm程の極端に浅い岸辺に逃げ込んでやり過ごそうとします。新中川や荒川に多いですね。中川でも、ちょっとしたストラクチャーに絡んでこういう条件になる場所があったりします。

こういった場所は、浅すぎてシーバスが入ってこられないので、ハクたちは安心して過ごすことが出来るのですが…ただし、それは潮位が高い時だけ…

シーバスがいるようなエリアは少なからず潮の干満の影響を受けるため、下げ潮で潮位が下がってくると、せっかく逃げ込んだ楽園は干上がり、そこにとどまることができなくなってきます。

すると、仕方なくそこを出て水のある場所に出て行く事になりますが、シーバスもそのタイミングがわかっていて、シャローの出口であるブレイク沿いで待ち構えているものです。

「下げが進んでハクの群れがシャローから追い出される時」

このタイミングを狙いましょう。

流れが淀む場所

ハクは遊泳力が弱いため、流れの弱いところに溜まりやすくなります。反転流ができる場所や、岸際の流れの弱い場所に大量に群れていることがあります。

朝マズメはチャンスタイム!

夜の間、ストラクチャーの隙間や浅瀬に逃げ込んで隠れていたハクたちは、朝マズメになると集団で移動を始める習性があります。

そのまま隠れていれば食われる事も無いだろうに…食事に行くのか何なのか、命がけでオープンエリアへと旅立っていくのですが、やはりその瞬間を待ち構えているシーバスがいます。

その無防備なハクを捕食しているシーバスは、テンションが上がっていて騙されやすい状態です。

ハクパターンでルアーに求められる条件とは?

「マイクロベイト」と言われる、とても小さなハクを偏食しているシーバスを釣るには、一体どんなルアーが有効なんでしょうか?

シルエットを近づける

いわゆる「マッチ・ザ・ベイト」という考え方

捕食しているベイトのサイズに合わせてあげることで、より魚を騙しやすくなる事は確かですが、ただし、完全に溶け込みすぎると気づいてもらいにくくなってしまう。

それに、捕食しているハクがまだメダカのようなサイズだった場合に、それにサイズを合わせるのはちょっとムリがあります。

トラウトやメバル用のルアーって手もあるかもしれないけど、シーバスのファイトに耐えられるようなフックを付けられないし、飛ばせない。

なので、周りのハクよりちょっとだけ存在感を出せて、丈夫なフックを背負えるサイズと言うのは5cm~8cm位のルアーになるでしょうか。

ハクの出す引き波に似せる

シーバスにロックオンされて怯えているハクを観察していると、水面に追いやられて波紋を出しながら泳いでいることがわかると思う。

ハクのサイズにもよりますが、春の早い時期ほどまだ小さく、そのサイズに伴って繊細な引き波を出している事が多いです。その引き波の感じを再現することで、ハクを演出してあげます。

群れから逸れた少し弱ったハクを演出

ハクは、大小さまざまな規模で群れを形成して泳いでいる。そして、食われるのはいつも端っこの少しはみ出した奴。

ハクの群れにボイルしている場合、群れの真ん中を通すのではなく、端っこから少しそれるようにコースを考えてトレースしてみましょう。

また、縦に逸れる奴を演じるのも効果的。マグロ釣り等で良く使われるテクニックですが、シンペンやバイブなどで、群れの中を通している時にリトリーブを止めて「フッ」とテンションを抜いてフォールさせる。

ひらひらと沈んでいくアクションで、捕食者の攻撃を受けて弱って落ちていくベイトを演出してあげます。

ハクパターンにオススメのルアー10選!

では、以上の事を踏まえて、具体的にハクパターンに効果的なオススメルアーを紹介します。

ima KomomoⅡ65

シーバス用のサブサーフェイスミノーとしては最も小型の部類に入るフローティングミノー。

こんなに小さくても、過去にランカーサイズも実績があり、かなりオススメです。

<komomoⅡ65を丸呑みしにた87cm。こんなに大きいシーバスもハクを食っている>

固定重心ですが、ファットなボディーで浮力を確保しているため、見た目より重量があり飛距離も悪くありません。(よく飛ぶとは言えませんが…)

大きく空いた口でしっかりと水を受けブリブリと水面でもがくように大きな波動を出すので、小さくてもアピール力は抜群。

ただし、こういった強い波動が嫌われる時には、スローに水の抵抗で引波を出しながら水面でゆらゆらとさせてやるのも効果的です。

コモモⅡは、流れが弱い時やアップクロスでもしっかりとアクションしてくれます。固定重心なので、巻き始めと同時に泳ぎだし、重心移動のようにカチャカチャと音も鳴らないので、警戒心の高いシャローのシーバスに余計なプレッシャーを与えないで済むのもいいですね。

Daiwa ソラリア70F

70mmのフローティングミノーとしては立派な飛距離が稼げるため、沖合でハクにボイルしている時なんかに活躍する。

水面下10~50cm位のレンジを泳ぐウォブンロールアクションで、時より水流変化を受けて自動的にフラつき、食わせの間を創りだしてくれるので使いやすい。広くサーチする時に便利です。

Daiwa モアザンスライ95F

スライというと、そのシルエットやカラーバリエーションからもバチ抜け用というイメージが強いかと思いますが、このルアーが起こす繊細な引波は、ハクの出す引波も意識して開発されています。

あまりブリブリと泳がさず、ゆっくりと引き波を出しながら魚の前に流していくのがポイントです。

Daiwa モアザンガルバ73S

ガルバ73Sは、シンキングペンシルながら浮き上がりが非常に早く、水面で引き波を出しながらスローに引くことができる。

小型で固定重心の割によく飛びます。代表的なリップ付きシンキングペンシルであるマリブと比較しても2~3割増し位で飛距離が出ていると思う。なので、遠くの表層でボイルしている魚を獲るのに、もはや無くてはならないルアーとなっています。

また、デイゲームにおいて、水面で素速く細かいトウィッチをかけながらパニックをおこしたベイトを演出する使い方も、ガルバの得意とするところ。トップウォーターのように、でもギリギリトップに出きらないシーバスにとても効果的です。

厳冬期以外はほぼ主力ルアーとして使えるので、必ず一つはボックスに入れておきたいところです。

Megabass カッター90

メガバスのカッター90は、バチパターンやサヨリパターンに照準を絞って開発されたシンキングペンシル。

90mmという、ハクパターンで使うにはちょっと大きいんじゃないかと思えるサイズですが、このルアー最大の特徴である繊細な引き波がハクのそれと似ているからか、とくにスレた場面でよく効く事があります。表層のクロージング的に使っています。

Megabass Dog-X jr. BAYDRIFT

元々はブラックバス用に開発されたDog-X jr.COAYUをソルトウォーター用にチューンしたモデルがこのBAYDRIFTです。

ノーマルのドッグエックスジュニアより少しウェイトがあるスローシンキングになっており、シンキングペンシルとして流しても使うことができるルアーですが、やはり基本はトップウォーターとして使う事が多いです。

水面を早く小刻みなトゥイッチをかけながら引いてくると、逃げ惑うハクを演出することが出来ます。特に、朝マズメのシャローで移動し始めるハクを狙っている魚には効果テキメンです。

これだけ小型のトップウォーターも少ないので、ご存じない方には是非おすすめしたいルアーです。

Lucky Craft ワンダー60

ラッキークラフトの元祖シンキングペンシル。

普通にリトリーブしたり流したりしてもいいですが、フォール時のひらひらアクションは今でもなお効果的です(動画はワンダー80ですが60も同じようにフォールします)。

クルクルバチパターンにも効果的なルアーです。

Daiwa モアザンミニエント57S

やや水深のある場所で使用したいのがバイブレーション。

その中でも、ミニエント57Sはフォールやダートといった、積極的に魚に食わせに行く釣りに対応できるバイブです。

着水と同時にリトリーブし、ハクの群れの中でフォールさせたり、護岸の際に溜まったハクの近くでダートさせたりすると効果的です。

ハク以外に、アミやハゼ等の様々な状況で通年使えるルアーなので、必ず一個は持っておきたいところです。

デイゲームにはスピンテールがおすすめ

マドネス バクリースピン15

デイゲームの定番スピンテールジグですが、ブレードのフラッシング効果と、小さいシルエットでハクの群れを演出しやすいようで、とくに見切られやすい日中のハクパターンには効果的です。

各社、主にディープエリアでの使用を念頭に、浮き上がりにくいよう開発されている物が多いようですが、ハクが多く生息するシャローでの使用を考えると候補はあまり多くありません。

その中でも、シリコン製ルアーに力を入れているマドネスジャパンから出ているバクリースピン15は、シャローでも使いやすいバランス。

特筆すべきは、マドネスらしくブレードがシリコン製であること。これにより、スレた魚に強い徹底したサイレント仕様のスピンテールになっています。

最終手段は…

なんだかんだ、ワームのジグヘッドは強いです。

おすすめは、エコギアのグラスミノーS

エコギア グラスミノーS

昔からあるワームですが、それだけ釣れる実績を積み重ねてた普遍的なワームです。耐久性も高くコスパはとても良い。

ポイントとして、小さめのワームをセットするジグヘッドは、ワームキーパーの小さめの物を選ぶようにしましょう。コアマンのミニカリ用ジグヘッド「パワーヘッドミニ」がオススメです。

繊細な釣りには繊細なラインが必要

ハクパターンの攻略は、やはり小型ルアーを使ったりや引き波を意識した繊細な釣りになることが多いです。

なので、これらのルアーの特性を活かし、ポテンシャルを最大限発揮するにはラインもそれなりに細くする必要があります。

とはいえ、ハクが好むポイントにはストラクチャーも絡んでくる事も多いので極端に細くすることはできません。

バランスをとった落としどころとしては、メインラインにPE0.6~0.8号。リーダーにはフロロの12~16lb位でしょうか。

小型のルアーを使う時は、細いラインを使うとルアーの動きに顕著に差が出るのがわかると思います。

まとめ

ハクは、そのサイズからルアーで模倣することが難しく、狂ったようにハクにボイルしていてもなかなか食わせられなかったりすることも多いパターンです。

僕が普段ハクボイルを狙うときに使っているルアーや釣り方を紹介してきましたが、リトリーブスピードやアクションなどはその時によって反応が変わるので、随時工夫して挑んでみて下さい。

この記事が、ハクパターンに悩んでいる方へのヒントや、新たな自分なりの釣り方を発見するきっかけとなれば幸いです。

それでは、良い釣りを♪

関連記事

それでも食わないボイルを攻略するには…

【止水のハクボイルに悶絶】新中川でハクに饗宴乱舞するシーバスを何とかしたい実験釣行記 【爆風の荒川に夢を追う】強風時のポイント選びを検証する苦行シーバス釣行記

高級タックルを実質無料で手に入れる方法

【イグジストが実質無料!?】通信費の見直しで高級釣り具を手に入れる裏ワザ

シーバスの釣り方ノウハウ集

【How To Seabass Fishing】シーバス釣りの攻略法はこちら