【深夜の荒川釣行】アミを偏食するシーバスにソラリアが効く?

仕事が終わってから一時帰宅したのがAM2時。生活時間帯がズレているので、僕にとってはまだ夜の20時位の感覚だ。まだ寝る時間ではない。

「これから近所の居酒屋で軽く一杯…」というような具合に、「これから近所の川で軽く一本…」と、仕事の疲れを癒やしに今日も荒川に行ってまいりました。

【3月27日深夜】荒川の緩い上げ潮釣行

若潮から中潮に変わり、ようやく夜の潮が動き始める日。

潮位は上がり切らないけど、シャローにフィーディングに入ってきているやる気のあるヤツに期待して、深夜の満潮少し手前から荒川下流域のシャロー明暗部に入った。

しかしというか、やはりというか…上げの流れはゆるく、キャストで届く範囲はほとんど池のような状態です。流芯も全く寄ってくる気配がありゃしない。

岸際には大量のハクの群れが…

足元には、ハクがなかなか大きな群れを形成していた。おっ!これは期待できるか…?

たっぷりいるので、時々ルアーに引っかかってくる。サイズは3cm位まで育っている。

これだけベイトはいるのに魚が薄いのか、手前にも沖にもボイル一つ出ない。なんだか状況は厳しそうですな…

とはいえ、せっかく来たのでとりあえずやれる事をやってみる。

 

が、お触り一つありゃしない…

 

まだ上げの勢いが弱いせいか、満潮時刻より前から流れが下げに切り替わり始めたので、上流側に立ち位置を移動する。

手前だけわずかに下げていて、沖の方はまだ微妙に上げている。

ボイルも無いし、レンジはちょっと下だろうか?でも、ここは浅いから、せいぜい30~50cm位入れば十分だ。

そう思い、ハクに実績の高いダイワのソラリア70Fをセット。まだ流れの無い橋下の暗部に放り込んだ。

わずかな流れで、ラインが橋脚のスレスレをトレースするコースに入り、手前の橋脚に差し掛かる時…

 

 

ドンッ!

 

 

っと、元気のいいバイトがでた!

しかし、この鋭角的な引きはフッコサイズ特有の物。そのまま強引に寄せてしまう。

案外元気がよく、足元のストラクチャーに突っ込みそうになるが、モアザンエキスパート93L/M-Sの強靭なバットでタメたらすぐに浮いてネットイン!

 

目測55cm位のフッコさん

ヒットルアーは、ダイワのモアザンソラリア70F(ロイヤルコーラルピンク)

ベイトは、足元に沢山いるハクだと想定してセレクトしたルアーでした。しかし…

シーバスが食べていた物は…

「どれどれ…口の中にハクは見えるだろうか?」と、口を開けて中を覗いてみると…

 

アミやんけ!?

 

こんなに沢山ハクいるのに、コレかいな!

しかも、ついさっき口にしたばかりのようなフレッシュなアミだ。シーバスが、表層に大量にいるハクには目もくれず、中層のアミばかりを偏食しているのだとしたら、さっきから一発のボイルも出ないことにも合点がいく。

先日も同じような感じだったけど、その時もルアーはソラリア70Fだった。

「なんだ?ソラリアはアミパターンに効くのか?」

とりあえず、この子をリリースした後に、アミパターン定番のマリブを流してみる。

何度か流すが、反応は無い。魚が少ないのだろうか?

そこで、もう一度ソラリア70Fに戻してみる。

暗部をトレースし、手前の橋脚を通過した時だ…

 

クンっ!

 

と小気味良いバイトでセイゴがヒット!

小さいので、寄せた勢いで抜け上げ、空中でリーダーを掴んでキャッチ。抜き上げる時は、できるだけ地面でバタバタさせないようにしたい。

口の中には、やはりアミ…

アミパターン定番のマリブが全くダメで、ソラリアならいいの?

結局よくわからないまま、その後は続かずに納竿といたしました。

アミパターンにソラリアは有効?

つい先日もそうだったけど、やっぱり目に見える情報だけで釣り方を絞ってしまうのはダメですね…

しかし、ソラリアはアミパターンに効くのか?

今後も検証していきたいと思います…

 

TACKL DATA

 

ROD:DAIWA・morethan EXPERT AGS 93L/M-S

 

REEL:DAIWA・CERTATE 3012H

 

LINE:TORAY・SEABASS PE POWERGAME 1号

 

LURE:Daiwa morethan SOLARIA 70F