【朝マズメのイナッコボイルを狙え!】久しぶりの新中川シーバス釣行

ついに東京都内でも40℃を超え、熊谷では最高気温記録が塗り替えられた今日このごろ…

日中には外にいるだけで死ねる感じなので、ナイト~朝マズメを狙って久しぶりに新中川へと行ってみました。

デイゲームなんて命がいくつ有っても足りない暑さ…

夏と言えばデイゲームの季節ですが、あまりに暑い…

この殺人的な猛暑の中で釣りなんかしてたら、本当に命に関わりそうだ。

そしてこの日は緩い潮回りで、日中より深夜からの下げの方が流れが効きそうな感じ。

ちょうど成田での仕事の帰りである深夜。

通り掛かった新中川でイナッコパターンを狙ってみることに。

新中川のシャローへ

新中川は、多くのエリアが護岸され、人工的に作られたこんなシャローがいくつも存在している。

潮位が高い時は、この奥にイナッコが大量に逃げこんでいるのだけど、潮位が下がると干上がるのでここから移動していく。

ブレイクには、シャローに入れないシーバスが待機していて、このイナッコ大移動のタイミングを待ち構えている…それが時合だ。

ポイントに入ったのが3時頃

明暗には先行者さん。

状況を聞くと、小型ながらゲットしたとのこと。最近シーバス見てないから、小さくても羨ましいなー…

水面には大量のイナッコがうじゃうじゃいる。

大小様々な規模のスクールを形成しているものの、ボイルの一発もなく平和な感じ。

とりあえず、時合待ちをしながら適当に流してみるが、やはり反応は無い。

 

いや、いいのだ!勝負は夜明け前!

夜明けのランナウェイ

暑さで思考停止状態なので、そのままラッキーヒット狙いでダラダラと投げながら時間をつぶす。

次第に東の空が薄青くなってきた。

すると、岸沿いのイナッコがにわかにザワつきはじめる。

ボイルとまでは行かないが、時折水面を逃げるような動きをみせている。

どうやら、そんなに多くはなさそうだがシーバスはいるようす。

しばらくすると、辺りは少しずつ明るくなってきた。

そして、イナッコ達はソワソワとシャローから移動を始めた…

 

チャンス!

 

僕は、温存しておいたブレイクに沿ってスーサンをキャスト!

このスーサンを、シャローとディープを出入りするようにブレイク上をトウィッチさせてくると…

 

グンッ!

 

気持ちのいいバイト!

しかし、フッキングには至らず…

イナッコたちは次々と沖に向かって出て行く…

今度はそのイナッコの動きになじませるように、スーサンをシャローの上に落とし、ブレイクに向って出て行くようにトレースしてくると…

 

ドンッ!

 

今度はフッキング成功!

ブレイクに擦られるのを嫌い、強引に寄せてきて、一気にぶっこ…

 

…抜けてない(笑)

 

ドラグが滑り、柵の高さまで届かず再び水中へとボッチャン…

幸いフックは外れていないので、今度はネットを落としてランディング。

50アップのフッコさん

いやー、この暑さでだいぶ釣りが雑になっていたけど、丁寧にやらなきゃダメね…

連発が望み薄な感じだったし、この一匹で満足したため納竿といたしました。

本日のヒットルアー

湾奥のカリスマ村岡昌憲プロデュースのリップレスミノー。

時折フラつきながらのハイピッチなローリングアクションは、タダ巻きでも非常によく釣れるルアー。

そして、ロッドアクションを加えるとキレッキレのダートをするので、短い距離で長くアピールできる動きがシーバスのスイッチを入れてくれます。

壁際やブレイク沿いでの連続ダートは、デイゲームでも定番の釣り方。

必ず一個はボックスに入れておきたいルアーです。

関連記事

【夏のシーバスデイゲーム入門】日中の釣り方攻略法とおすすめルアー10選 【最強のメタルバイブ収納ボックス】メイホウのリバーシブル100が超快適で本当におすすめ 【鉄板を制する者はデイゲームを制す!】シーバス用メタルバイブの使い方と厳選おすすめバイブ6選!