【最強のメタルバイブ収納ボックス】メイホウのリバーシブル100が超快適で本当におすすめ

メイホウのルアーケース「リバーシブル100」を購入して試してみました。

メタルバイブやスピンテール収納の悩みが解決です!

メタルバイブが絡む問題を解消!

夏のシーバスデイゲームに必須の、メタルバイブやスピンテールジグ。

レンジの攻略や、根掛かりロストに備えて、できれば多めに持っていきたいところ…

まず、ルアーを収納して持ち運ぶボックスとして、最もポピュラーなメイホウのVS-3010NDMですが…

抜群の収納力を誇り、使い勝手がよく、リーズナブルと三拍子揃ったメイホウ3010!

ライフジャケットやタックルバッグは、この3010のサイズを基準に設計されているので、きっと使っている人も多いはず。

多少詰め込んでフックが絡んでしまっても、ガチャガチャとルアーを振れば大体すぐに外れます。

しかし、コレに鉄板やスピンテールを入れるとそうは行きません…

持ち上げると…

うげ…

全部絡んでくっついてきます。

ご覧のように、ただ入れただけでこの有様。

しかも、プラスチックのルアーのように簡単に外れてはくれず、イライラするし、チャンスを逃したりすることもしばしばです。

一応、エバーグリーンから「E.G.メタルバイブボックス」という鉄板バイブ専用のボックスが出ているのですが…

このように、中のウレタンに挟んで収納できる

参照:エバーグリーン

かなりシステマチックです。

ただ、定価が1,300円(税別)とちょっと高めな上、収納はメタルバイブ限定で12個まで。

スピンテールには使えないのが難点でした。

そこで、今回試しに購入してみたのが「メイホウ リバーシブル100」という両面収納タイプのボックスです

メイホウ「リバーシブル100」の特徴

サイズ 200×126×36mm
素材 ポリプロピレン
対応ルアー エギ:100mmクラス
ジグ:40gクラス
ミノー:90mmクラス
※形状によっては対応しない場合あり。
定価 1,000円(税別)

こんな感じの両面開き構造⇓

両面開きだと分厚くなりそうですが、中がギザギザに仕切られており、厚みは抑えられています。

参照:明邦化学工業

蓋には水抜き穴が付いているので、ウェーディングでの使用や、釣行後にケースごとルアーを丸洗いできるのがありがたい。

サイズ感をメイホウ3010と比較するとこんな感じ

横幅は同じ位で、縦幅と厚みは一回り小さいですね。

バッグへの収納ですが、僕が普段使っているのがLSDデザインのONE SHOT SIDE

これだと、3010を二個入れた状態でも余裕で入ります。

縦幅が狭いので、平置きも可能。

空いたスペースにねじ込めるコンパクトさがイイネ。

実際に鉄板とスピンテールを入れてみる

メタルバイブを収納した図はこんな感じ

裏側にはスピンテールとか

片側が7個に仕切られていて、合計14個分あります。

小さめのルアーなら、二個入りますね。これくらいなら、致命的な絡みは起こりません。

小型バイブなら、最大28個収納できなくもない。

このように、一般的なサイズの鉄板バイブなら、キレイに収納して持ち運べます。

 

これでフック絡みともおさらば!

イライラしない!

スムーズなルアーチェンジでチャンスを潰さない!

 

超いいじゃないか…

リバーシブル100の収納力を検証

で、このケースに他のルアーも入れて見たんですが…

まぁ、当然ながらビッグバッカー107は入らない…

長いメタルバイブを入れるなら、1サイズ上の140になります。

ついでに持ち運ぶにはちょっと邪魔な大きさかもね…

プラバイブ

デイゲームでは、鉄板だけでなくプラのバイブもよく使います。

こちらはどうでしょう?

右から

  • ミニエント
  • モンキー69バイブ
  • マービー90
  • バリッド70
  • コウメ70
  • ローリングベイト77
  • カットバイブ55

サイズの大きいマービー90でギリギリ。

フックが少し蓋に当たりますが、一応蓋は閉まります。

ローリングベイト77は、意外とリップの出っ張りが大きく、これも少しはみ出る感じ。

レンジバイブ90ESも僅かにはみ出ますが、ギリセーフ。

チャタビー85は体高があるので、お腹のアイが当たります。

これは…まぁ、なんとか蓋が閉まるのでセーフで。

ミノー・シンキングペンシル

ミノーとシンペンも試してみます。

右から

  • アスリートS9
  • エリア10
  • マリブ78
  • マニック95
  • コモモSF95スリム
  • アルデンテ95
  • モアザンスライ95

10cm以下でも、リップ付ミノーはリップがはみ出てアウト。

エリテンは、アイまで含めると10cmじゃないのか…

長さ的にはみ出てしまいアウト。

マリブのようなファットでボリュームのあるシンペンも、フックが当たりギリギリです。

スリム系のリップレスミノーやシンペンなら入ります。

バチ抜け専用には使えるかなという感じです。

ジグヘッドにセット済みワーム

こちらもデイゲームでよく使うワーム類。

アルカリと、R32はジグヘッドに着けた状態でいい感じに収まります。

事前にセットして収納しておけば、ローテーションがスムーズになりそうです。

いいじゃん!リバーシブル100!

かなりコンパクトに収まるので、バッグに他のプラグ類のボックスを収納した上でも詰め込めるサイズが嬉しいです。

フック絡みのトラブルが無くなって、ストレスフリーに釣りが楽しめます。

リップ付ミノーや太めのルアーは厳しいので、デイゲームの主役メタルバイブやスピンテール以外を入れるなら、バチ抜け用のスリム系シンペンなどに使えそうな感じです。

メイホウリバーシブルのおかげで、今年の夏は、システマチックにストレスフリーにデイゲームが楽しめそうです♪

リバーシブル100

僕のは、アブのモデル⇓

豊富なサイズバリエーション

リバーシブルシリーズは、他にも豊富なサイズバリエーションがあります。

トラウトやライトゲームに使えそうな小型の物や、大きめの物はエギやジグなどの収納にも良さそうです。

リバーシブル85

リバーシブル140

リバーシブル160

リバーシブル180

関連記事

【夏のシーバスデイゲーム入門】日中の釣り方攻略法とおすすめルアー10選