【水面爆発!夏のマズメの荒川トップゲーム】シャローのイナッコつきシーバスを狙う

昨日の釣行に引き続き、荒川中流にデイゲームシーバス釣行に行ってきました。

近頃は淡水魚しか登場しなくなってきた当ブログ…そろそろシーバスの顔が見たい今日この頃です。

荒川中流域へ

昨日の釣行では、シーバスがいる事はわかったのだけど、ちょっと時合いには遅かったかなという感じ…

なので、もうちょい早めに出撃してみる事にしました。

ポイントに着くと、いい感じの潮位!

上げの流れが加速しはじめ、シャローとブレイクの境目にはヨレを形成しはじめていた。

シャローの岸際には、相変わらず大量のイナっ子が群れているが、それが移動しだすタイミングがチャンスだ。

どうやら、既に動き始めているようで、ブレイクの手前でザワザワしているのが見える。

いいねぇ、いかにも釣れそうだ。

今日も先発はメガバスのDog-X Jr.ベイドリフト

とにかく浅くて、杭やら何やらが沈んでるからシャロー用のミノーでもすぐに根掛かりしてしまう。

なので、とにかくトップ一択という感じ

第一投を、一番雰囲気のあるヨレの先にキャスト!

イナっ子が逃げる位の速めのスピードでパシャパシャとドッグウォークさせてくるとパコッ!と水面が割れた!

しかし、誤爆…

魚は確実にいる。

もう一度同じコースを通したが、見切られたか…今度はバイトせず。

少しコースをずらしてキャストし、流れを使って違う角度から変化球でトレースしてくると…

 

バシャッ!

 

よっし!ヒット!

 

魚は、そんなにサイズは無いものの、とにかく元気いっぱい!

一気に流れを使ってストラクチャーの方に逃げ込もうとする。

僕は、散歩に興奮する犬のリードを引っ張るがごとく「はい、そっちじゃないよ〜」と、強引に回収…

そのまま干潟にずり上げ

綺麗な魚体のフッコさん。

トップで出ると最高に気持ちいい♪

夏の夕まずめの楽しみなパターンだ。

ベイドリフトは、歴戦の傷でボロボロだ…

 

それだけの数を釣ってきたという、名誉ある負傷だ。

その後も背中を出して追ってくるチェイスや誤爆があったけど乗せきれず…

もう一箇所チェックしたかったので移動する事に。

ドラグが止まらない…

もう少し下流はどうなんだろうと、水位的にベストと思われるタイミングで移動してみました。

流れは超いい感じで、ベイトも沢山いるんだけど追われてない。

しばらくキャストするもダメそうなので終わりにしようかと思っていた頃、それは来た…

 

ドン!!

 

時々ジャークを入れながら早巻きしていた冷音が、突如として抑えこまれた…

ヒットした魚は、そのまま沖へと走りだし、太い流芯の流れに乗ってどんどん突っ走っていく…

 

ギュイーン…ギュイーン…

 

一定のリズムで唸るATD!

 

はい、もう掛かった瞬間「やっちまった~!」と叫んじゃいましたよ。

 

ハクレンの勢いは止まらない、止められない…

100mは走っただろうか…ラインもそろそろ下巻きが気になってきたので、ブレイク覚悟でドラグを締めて応戦する。

しかし、そのまま根ズレでラインブレイク…

買ったばかりの冷音、殉職…

 

やっぱり淡水魚づいている今日この頃でした。

本日のヒットルアー

Megabass Dog-X Jr.ベイドリフト

湾奥河川のメインベイトであるイナッコの、夏の時期のサイズにちょうどマッチするペンシルベイト。

スローシンキングなので、トップに出きらない状態のシーバスにも効果的。

意外と知られていない、シークレット的爆釣ルアーです。

関連記事

【シーバスデイゲーム入門】日中の釣り方攻略法とおすすめルアー10選 【最強のメタルバイブ収納ボックス】メイホウのリバーシブル100が超快適で本当におすすめ 【鉄板を制する者はデイゲームを制す!】シーバス用メタルバイブの使い方と厳選おすすめバイブ7選!