【荒川シーバス釣行記】猛暑のデイゲームで掛かった魚はフナなのかコイなのか…

荒川中流域にシーバスのデイゲームに行ってきたのですが…

今日はシーバスより鯉(?)が主役のお話です。

猛暑の荒川へ…

口を開けば「暑い」という言葉しか出てこないような猛暑が続いた三連休。

海の日ですが海には行かず…結局近くの川への釣行になりました。

ここんところずっと、荒川下流域の釣果は壊滅的な感じなので、もう少し上の中流域まで行ってみました。

この日のタイドグラフ⇓

ポイントに入ったのは上げ4分位。

もう5年位ぶりに来る場所なので、最近の様子がさっぱり…

入ろうと思っていた場所は先行者がいたので、挨拶をして少し上流に入らせてもらう。

シャローにはイナッコの群れ。

ちょうどイナッコが移動し始めるタイミングだったようで、少し追われているような動きを見せている。

そして、ボイル!

いい感じじゃん!魚いる!

僕は、イナッコと近いサイズのトップから始めてみることに。

こんな時に実績が高いのが、メガバスDog-X Jr. BAYDRIFT

しめしめ…既にもらったような物だと、ウキウキしながらキャストを続けるが、さっぱりバイトがない。

そんな中、隣でウェーディングしていたアングラーさんにヒット!!

後で聞いたところ、やはりトップでの釣果だったみたい。

ナイスフィッシュでした!

なんか変なの釣れた…

イナッコの群れはところどころで追われているものの、水面が爆発するほどのボイルはほとんど見られない…

やはり魚は少ないのだろうか…

あれこれルアーをチェンジしつつしばらく頑張るものの、全くもって反応がない。

シーバスのボイルよりも、ハクレンか鯉のモジリの方が多い位だ。

水位もだいぶ上げてきたので、バイブレーションで広範囲をチェックして帰ろう…

そう思ってバイブを早巻きしていた時だ

 

ドン!!

 

突如リーリングを巻く手が止められた…

体が即座に反射し、すかさず合わせを入れてしまうが、この感じ…あれだ。

 

淡水魚系のスレ!!

 

やっちゃった~…と思いながら、先程もじっていたメータークラスでないことを祈りつつ寄せてくる。

魚は案外簡単に寄ってくる。

良かった…割と小さいサイズだったみたいだ。

そして、足元まで寄せた魚を見た時、その魚体にすごく違和感を感じた…

体はフナで顔がコイ

とりあえずネットで掬ってみる…

えーと…鯉?だよね…?

 

大きさは45cm位

間違いなく頭部は鯉のそれなのだが、体はヘラブナである。

 

特に、尾ビレの付け根の形状なんかは鮒に似ている。

鱗もフナに近い気がする…

でも、ヒレのたくましさは鯉?

 

ちなみに、コレが鯉⇓

これがフナ(ニゴロブナ)⇓

鯉と鮒(もしくはヘラブナ)の交雑種で、コイフナとか、コイベラというのが存在するらしいと聞いたことがあるが、もしかしたらそれなんだろうか?

それとも、ただの個体差で、体高が高い鯉なのか…

ちょっと正確なことはわからないけど、この魚が本当にコイフナだったなら、初めて釣った魚ということになる(スレだけど)。

小さい頃から何百匹と鯉やフナは釣ってきたけど、こんな体型の魚は初めてだったので、ちょっと驚きました。

いやー、荒川には面白い魚が沢山いそうですね。

 

 

え?シーバスですか?

 

釣れませんでしたけど、なにか?

【オマケ】隅田川はまだバチ抜け

ちなみに、ホモ口さんから送られてきた写真なんですが⇓

ヒットルアー:エリア10

隅田川はまだバチ抜けしてるらしい…

 

一体、いつまでバチ抜けは続くの…?

関連記事

【シーバスデイゲーム入門】日中の釣り方攻略法とおすすめルアー10選 【最強のメタルバイブ収納ボックス】メイホウのリバーシブル100が超快適で本当におすすめ 【鉄板を制する者はデイゲームを制す!】シーバス用メタルバイブの使い方と厳選おすすめバイブ7選!