【Musician’s釣り部の短時間部活動】食わないクルバチボイルに悶絶の港湾シーバス釣行記

夜明け前の僅かな時間を狙っての港湾部シーバス釣行に行ってきました。

今回は、久しぶりにホモ谷君登場です。

今日は行かない…はずが…

仕事が終わり、この日も出撃のはずが、流石に疲れが溜まっていたのか体が動かずダウン…

ちょっとだけのつもりでベッドに倒れ込んだら起き上がれなくなった。

 

「もう今日はやめておくか…」

 

そんな事を考えていたら、Musician’s釣り部のラインが鳴った。

なんだか楽しそうじゃないか…

夜明けまで時間がない。行っても、釣りができて30分あるかないか…

どうしよう…

 

気がついたら15分後には釣り場にいました(笑)

 

やっぱ、魚見ると元気でるよね。

久しぶりにホモ谷くん登場

釣り場に着くと、部長のワカさんとホモ谷君がちちくりあっていた。

ホモ谷くんは久しぶりだ。2月の中川以来かな?

※ホモ谷くんとは⇓

【師走の富津岬ウェーディングシーバス】まさかの90up!?

先日ポイントを教えてあげたら、どうやらこの場所が気に入ったらしい。

3日連続で通っているそうだ(笑)

今日はこれまでに3本上げたみたい。楽しそうやね。

ワカさんも釣っている。ここ最近好調なので、やはりここにハマっている。

本日のベイトも、お馴染みのコレ⇓

深夜の上げ潮だけど、クルバチは安定して大量に湧いている。

釣り場についたころには、東の空がうっすら明るくなってきていた。

やばい。時間がない…

夜明けのロスタイムで悶絶…

この日は強風で水面ガチャガチャ。

でも、それでもわかるくらいに一面ライズ祭りだ。

マトモにルアーが飛ばないが、足元でもライズ出てるから飛距離は問題ないだろう。

それより、波ザバザバな状態をどう攻めるかだけど、波が高い状態にマッチするガルバスリムでは反応が無い。

あれこれ試している時間がない。時はほぼロスタイム。

1キャスト毎に明るくなってくる。

夜が明ける…時間が無い…

で、結局アルデンテ70Sを投げ倒すことに。

開始から20分。既に辺りはかなり明るくなってきている。

ラスト5分ってとこだろう。

アルデンテを信じ、スローにリトリーブを続けていると…

 

グンッ!

 

ヒット!

 

小さいが、水面でエラ洗いを繰り返し、なかなかのファイトを見せてくれる。

 

たのしー♪

この時期の港湾部アベレージサイズ♪

いかにも港湾鱸らしいキレイな魚体。

この魚をリリースした後は、完全に朝になりライズも終了。納竿といたしました。

ギリギリ間に合った感じ。

何とか釣れたので嬉しい♪

本日のヒットルアー

ima アルデンテ70S

関連記事

クルクルバチ攻略法⇓

【春~初夏の悶絶タイム!】クルクルバチパターンのシーバス攻略法とおすすめ必勝ルアー7選!

バチ抜けについて⇓

How To ? バチ抜け【東京湾奥バチ抜けシーバスを攻略する】バチパターンの釣り方とオススメのルアー7選

バチ抜け釣行記⇓

参考 バチ抜け釣行記釣リズム!