【連夜のクルバチ祭り】雨後の港湾部シーバス釣行記

バチ抜けで好調な港湾部に、連夜の釣行です。

豪雨で川を諦め…

ここ最近は、まとまった群れが入り安定している港湾部。

毎回同じ場所じゃ進歩が無いなぁと思いつつも、ボイル祭りが楽しくて、なかなかここから抜け出せなくなっている。

でも、他もチェックしておかなきゃなと思い、この日は隅田川に行こうと思ったらまさかの豪雨…

本来なら、雨で濁りが入った状態の河川はプレッシャーも下がって釣りやすくなるものだけど、都市型河川での集中豪雨は、ちょっと具合が変わってくる。

東京は、雨水も生活排水も下水道に集合するように作られているので、大量の雨水が流れ込むと下水処理場の機能はパンクしてしまい、未処理のままの生活排水が河川に放出されることになる。

青白く濁った川は下水臭い死の川となり、隅田川なんかはその影響をモロに受けやすい。

この雨量じゃ、きっと隅田川は下水で厳しい状況だろう。

というわけで、比較的雨の影響を受けにくい場所…

結局、いつもの港湾部へ…

楽しいクルバチライズ祭り♪

深夜2時半頃にポイントに到着。

水中を見ると、時合前は相変わらずの生命感の薄さ…

とりあえず、おなじみ安定のアルデンテ70Sからスタート。

しばらくすると、クルクルバチが湧き始め、少しづつライズが出始めた。

幸い釣り場は独占状態なので、流れの変化を探して歩きまわる。

やはり潮目付近にはライズが多い。

ライズを狙いながら撃っていくと、クンッっという小気味の良いバイト!

40アップのギリフッコさん

アルデンテ70Sをいい感じにハーモニカ食い♪

この魚をリリースしてからは、よりいっそうライズが増えてきて、ライズ祭りに!

しかしまー、なかなか食わない。

とりあえず一本獲ったので、安心して実験タイム。

普通はシーバス釣りに使わないような、ちょっと変わったルアーで釣れるのか試そうと思って持ってきたんだけど、まぁ、なかなか上手く行かない。

いつもながらのくだらない実験の模様は、もう少しいろいろ試してからまとめようと思います。

釣れないので心折れて、安定のアルデンテ70Sに戻す。

すると、すぐに…

少しサイズアップの50cmクラス

これもしっかり口の中に入ってる。

やっぱりアルデンテ70Sは安定だわぁ…

そして、ヤツは来た…

少しすると、ライズが終息してきた。

クルクルバチの時合は短い…

おそらく出てもあと一本で終了だろう。

そして、そいつは来た…

 

ズンッ…

 

今までより重いバイト!

 

ジョボジョボジョボ…

 

フッキングを入れると、エラ洗い!

水面を割りきらない重い首振りに良型を確信

ライトタックルなので、ドラグを緩め慎重に寄せる。

ゆっくりと寄ってきた魚。

足元まで寄せると、そのまま下へと潜る。

もう相手は目と鼻の先だ、リフトした瞬間に一気にネットに入れてしまおう…

突っ込みが終わった瞬間、ぐいっとロッドを持ち上げ、一気に水面へ。

そして、その魚体はネットに収まった…

 

が…

 

お前か…

 

「何じゃい、ワレ、文句あんのか…?」

 

丸々と太ったマルタ兄さん

 

って…エラ洗いしたよね!?

 

アルデンテのリヤフックをガッツリ咥えている。

安定して毎回釣ってるなぁ…

この魚をリリースしたところで、ライズは終息し時合終了…

ネットが臭くなったところで、釣行終了としました。

この日のヒットルアー

ima アルデンテ70S

相変わらず、imaのアルデンテ70Sは安定てして釣果を出してくれます。

マルタもよく釣れます…