【大型ルアー縛りの荒川シーバス釣行】のつもりが、我慢ならず…

前日に引き続きビッグルアー縛り。

深夜の上げ潮の荒川中流域へと出撃です。

久しぶりに荒川中流域の暗闇へ

前日はコノシロの群れに当たる事はなく終了。

またエリアを変えて出てきました。

先ずは、暗闇の中での地形変化から狙っていく。

大潮だけあって、上げの流れは勢いがあり、複雑なヨレを形成している。

さて、今回もまた前回に引き続いてのベイトタックル大型ルアー縛り釣行

いい感じのヨレに、期待を膨らませつつガルバストロングを撃ち込んでいくが、うんともすんとも…

流れは効いていていい感じなのでレンジを丹念に刻んで探っていくが、コツリともベイトに当たらない。

少し離れた明暗部では、さっきから頻繁にライトが点いていて、魚が上がっているのが見える。

うーん、、やっぱり明暗は手堅いよねぇ、、

 

べっ…別に!羨ましいだなんて思ってないんだからね…(*´Д`)



明暗、釣れてる…ねぇ…

しばらく粘っていたけど反応得られないまま、ふと明暗に目をやると、さっきまで釣っていたアングラーさんがお帰りになる様子。

 

ガマンできず、やっぱり魚の顔が見たいので移動…(;´∀`)

 

お帰りの先行者さんに挨拶してお話を伺うと、「9本出したけど反応が無くなったので帰る」とのこと。

それでも、攻め方の違いによって口を使う魚も違うだろうと、入れ替わりで明暗にイン。

流れはすでに緩み始めて、潮目は遠い。

北風が流れと逆の向い風。ベイトタックルにはなかなか辛い状況だ。

とりあえずガルバストロングから流してみるが、美味しそうなピンには届かず。

もう少し風に強くて距離の稼げるパンチライン130にチェンジ。

明暗ラインギリギリに落とし、少しラインを流れに乗せて馴染ませてからリトリーブしてくる。

 

すると、ヒット!

 

うぇーい♪

やっぱりフッコ

明暗釣れるけど、サイズが選べないねぇ…

そして、口の中にはサッパ。

やっぱりサッパ。

 

沈めてみても全然反応は無いし、シルエットがデカイのもダメ…

仕方ない…ベイトタックルでも使える小型ルアーを入れた通称「チキンボックス」の蓋に手をかけ、スイッチヒッターDH97Sを取り出す。

シルエットとが小さく、ウェイトがあるため、向い風をもろともせずによく飛んでくれるルアーだ。

よく飛ぶ分沈みも早いので、緩い流れでは暗部に入って行く間に魚のレンジより下まで落ちてしまう。

ベイトタックルで振り切れるシルエットが小さいルアーがこれしか持ち合わせていないので、暗部に直接放り込んで明るい所に引き出してくる。

加減を調整しながらの3投目で、グンッと元気なバイト!

 

ヒット!

 

うぇーい♪

ゴリ巻きでそのまま水面を滑らせてくる(笑)

やっぱりサイズが期待できなさそう…

この後は流れが無くなると共に夜明けを迎え、僅かなチャンスタイム終了。

これにて納竿といたしました。

 

あー、楽しかった♪

 

って、んんん?アレ…?



本日の釣行まとめ

結局我慢ならず明暗のフッコで遊んでしまった…うぇーい(;´∀`)

コノシロ付きを狙いたいんだけど、目星を付けた所はことごとくハズレ…

サッパ付き狙うなら、スピニング無いとなかなか厳しいです(;´Д`)

またエリアを変えて頑張りマス…

本日のタックル

ロッド:ヤマガブランクス・バリスティックベイト85M nano

リール:ダイワ・Z2020ブラックLTD

ライン:バークレイ・スーパーファイヤーラインクリスタル2.5号

リーダー:サンヨーナイロン・ソルトマックスショックリーダーTypeN30lb

ヒットルアー

APIA・パンチライン130、ダイワ・スイッチヒッターDH97S

関連記事

【How To Seabass Fishing】シーバス釣りの攻略法はこちら 【ストロングで行こう!】ビッグルアーで気分爽快の中川シーバス釣行 【大野ゆうきプロデュース商品(ルアー・ロッド・DVD等)まとめ】湾奥のプリンス監修のタックルを一挙に紹介!