【大型ルアー縛りの中川新規ポイント開拓】サイレントアサシン160Fにヒットしてきたのは…

愛用のベイトリールZ2020SHが退院してきたので、早速リハビリへ。

ダイワZに相応しい、大型ルアー縛りです。

AM3時の中川中流域へ

今日も仕事後の深夜に川へ

いつもと少しエリアを変えて中流域の新規開拓です。

近くにはよく来ていたけれど、ずっと工事していたのもあり、今までやっていなかった場所に入る。

大潮なので、上げの流れにも勢いがある。

上げ七分位から実釣開始。

故障で入院していたZ2020が退院してきたので、早速働いてもらうことに。

Zには大きなルアーが良く似合います。

今日は小型を無視して、サイズ狙いで行くのだ!

一番手前のパンチライン130が小さく見える。

長さ120mm以上、重さ30g以上のルアーばかり。

水温を計ると14.6℃しかない…

前日の冷たい雨の影響もあって、15℃を切ってきた。

いよいよハイシーズンも終了間近か…

夜の外気温もひとケタ台まで下がるようになり、もはや冬のウェアが必須なナイトゲーム。

冷え性なもんで、タイタニュームグローブをしていても悴む手でキャスト開始です。


でっかいイナに期待大

水面を観察していると、所々にイナッコボールができていて、明暗とは関係ないところで少しざわついている。

とりあえずガルバストロングからスタート。

45gあるガルバストロングを振りきって、気持よくぶっ飛んでいく。

楽しい♪

何度かキャストしていると、イナッコが引っかかってきた

イナッコというよりイナ?いや、ボラ?

この辺のサイズの呼び分けが曖昧でよくわからない。

とりあえず「イナ」ということにして、そのイナボール付近にキャストしてトレースしてくると、ルアーに驚いたイナにシーバスがボイル!

そのあたりに投げなおすと、ガルバストロングにバイトが!

しかし乗らずで、反応もそれっきりになってしまった。

さて、次はどう攻めようか…



サイレントアサシン160Fにヒットしたのは…

少しレンジを下げてパンチライン130やレイジーファシャッド120なんかも投げてみるんだけど、流れが緩んできてしまい引きたいスピードではレンジが下がりすぎてしまう。

なので、フローティングミノーの割にレンジが入り、弱い流れでもしっかり動いてくれるサイレントアサシン160Fにチェンジ。

1m以上潜るルアーなんだけど、キャストしてラインスラッグをとったらスローに…

水面下50cm位のレンジをゆらゆらと動くイメージで引いてくる。

流れというより風でふくらんだラインのカーブの頂点にさしかかり、コチラに向けて方向転換をしたその時にグンッ!とサイレントアサシンが引ったくられた!

 

ヒット!

 

このサイズのルアーに食ってくる魚だ。期待も大きい。

しかし…

 

ん…?なんか軽い…

 

タックルにパワーがあるので曲がらない。

そのままゴリ巻きしてネットに引きずり入れた。

50弱のフッコさん。

サイレントアサシン160は、長いけど細身なのでこのサイズも食ってくる。

結局ルアーサイズを上げても釣れる魚のサイズがこんなん。

一発いいボイルもあったけど、魚も少ない印象。

すぐに流れも無くなり、その後旧江戸にも行ってみたけどノー感じ過ぎてキャスト練に終わりました。

大型ベイトとに着いてる魚探しにいかなきゃなぁ…




本日のMVP

シマノ・サイレントアサシン160F

本日のタックル

ロッド:ヤマガブランクス・バリスティックベイト85M nano

リール:ダイワ・Z2020ブラックLTD

ライン:バークレイ・スーパーファイヤーラインクリスタル2.5号

リーダー:サンヨーナイロン・ソルトマックスショックリーダーTypeN30lb

ヒットルアー

シマノ・サイレントアサシン160F

関連記事

【How To Seabass Fishing】シーバス釣りの攻略法はこちら 【ストロングで行こう!】ビッグルアーで気分爽快の中川シーバス釣行 【大野ゆうきプロデュース商品(ルアー・ロッド・DVD等)まとめ】湾奥のプリンス監修のタックルを一挙に紹介!