【制限時間は15分!】隅田川シーバス超時短釣行

今日は用事があって釣りに行けないんです…

のはずが、用事の途中で隅田川に寄ることができました。

15分の超短時間釣行です。

神様が15分与えてくれたら…

中川では先日も数釣りができたし、仲間も連日好釣果を出している。

他の場所でも爆釣の声が聞こえてきて、ハイシーズン真っ只中といった東京湾奥。

もはや、一日だって釣りができない日が惜しい…

 

なのに、だ。

 

今日は朝まで用事があって無理…

でも、諦め悪く道具だけは車に積んでおく。

 

すると、だ!

 

諦めない者に女神は微笑む…

用事の合間に、たまたま隅田川の近くを通りがかった。

 

釣り…イケるか…?

 

行くしか無いでしょ!

 

与えられた実釣時間は15分

さぁ、釣り上げる事はできるだろうか…?

時間がない!

0時40分頃

ダッシュで釣り場に入り、瞬時にタックルをセット。

表水温は、中川エリアとあまり変わらず21℃

川を覗いてみると、水はかなり澄んでいる。

沢山のベイトフィッシュが泳ぎまわっているのがわかる程だ。

ベイトは、おそらくサッパとイナッコ。

明るい所にはマイクロセイゴの群れも見えるけど、ボイルは無い。

 

時間が無い…何を投げる?

 

目視できたベイトのレンジとサイズから、チョイスしたルアーはコレ

絶大な信頼を置いているソラリア70F

コレでダメなら、後はブローウィン80S→グラバーHi68→VJ-16と、各2投位して終わりだろう…

さぁ、超短時間釣行のスタートです

奇跡は起きるのか…?

一投目…

 

明暗のラインをかすめるようなコースに、ソラリア70をキャスト

緩い流れに合わせてスローにリトリーブし、暗部にタッチしてU字ターン…

 

反応なし…

 

二投目…

 

少しばかり暗部の奥まで入るコースにキャスト。

ソラリア70Fが暗部に入っていく…

流れと同じ方向の風によって膨らんだラインの頂点でターンをキメ、こちらに向かって泳ぎだす時だ…

 

ドンっと深いバイト!

 

ヒット!

 

どうせ掛かっても小さいだろうとタカをくくっていたら、割と低い水音のエラ洗い。

ファイトしながら慌ててネットをセットし、ランディングに備える。

 

足元まで寄せた魚は、隅田川にしては良型。

口の先にテールフック一本のフッキング。

足元で何度もエラ洗いをかまされ、ヒヤヒヤしつつ上手くいなすことができて無事ネットイン成功!

隅田川では割といい部類である60cm!

いぇい!

ヒットルアーはソラリア70Fのハッピーレモン

本当に頼りになるやつだ♪

この魚をリリース後、数投するが反応無く…

 

ブローウィン80Sを泣きの一投…

すると

マイクロセイゴちゃんゲット(笑)

これにてタイムアップ!

AM1時、納竿としダッシュで次の用事へと向かう。

準備と片付けに時間を除き、実釣時間僅か15分の釣行でした。

 

あー、楽しかった~♪

タカさんに引き継ぎ

釣り部にも即時報告!

すると、タカさんに火がついたようで…

僕が帰ってからポイントにイン!

しっかり釣ってくれました(笑)

ヒットルアーはガルバ73S

新しく買ったというロッドも早速入魂完了!

東京湾奥はどこも秋ですね。

 

最後に、そんなタカさんの演奏動画をば…

タカさんは、4弦の竿と下の竿の扱いには長けています(笑)

本日のMVP

ダイワ・モアザンソラリア70F(ハッピーレモン)

本日のタックル

ロッド:ダイワ・モアザンエキスパートAGS 93L/M-S

リール:ダイワ・12ルビアス2510PE-H

ライン:ダイワ・モアザンセンサー8ブレイド1号

リーダー:山豊テグス・フロロショックリーダー20lb

ヒットルアー

ダイワ・モアザンソラリア70F、BlueBlue・ブローウィン80S

関連記事

【How To Seabass Fishing】シーバス釣りの攻略法はこちら 【ルアーインプレッション】ダイワ・モアザンソラリア85F