【中川プチ爆♪】パターンを掴めば連発の秋らしいシーバス釣行

皆さまハイシーズン楽しんでますか?

連日好調なホーム中川下流域へと今日も出撃です。

仕事終わったら中川へ

仕事が比較的早く終った日曜の夜。

と言っても、時刻は既に22時半。

下げもだいぶ進んでいるし、日曜日だからどこもアングラーでいっぱいだろう。

とりあえず、空いている場所があればやろうという位の感覚で、ホーム中川下流域へ。

川に着くと、運良く橋明暗の下流側が空いていた。ツイてるツイてる♪

上流側で釣りをしていた先行者さんに挨拶をしてIN!

話を聞くと、釣れているようだ。

表水温は20.8℃

徐々に下がってきている。

とりあえずヨレ狙いからスタート。

ピンポイントに入れやすいソラリア85Fをセットし、橋脚の裏の暗い部分を目掛けてシューティング!

いい感じにキャストが決まると一撃だ。

セイゴちゃんだけど、とりあえずホゲ回避。

引き続き狙っていくが、バイトは出るもののなかなかフッキングしない…

なんとか同じソラリア85Fでもう一匹

狭いピンに何度も同じルアーを投げ込んでいるので、流石にルアーを見切られたかバイトが出なくなる。

少しレンジを下げてみようと、ブローウィン80Sにチェンジ

すると再びバイト出始め、一匹追加!

相変わらずのサイズと戯れていると、上流のアングラーさんがお帰りになる様子なので、そちらに居を移すことに。

上流はベイト盛々!しかし…

上流側では、沢山のイナッコやサッパが水面に引波を出して泳ぎ、雰囲気は十分!

とりあえず表層系からと思い、ガルバ73からスタート

しかし、ベイトは引波を立てているもののボイルは無い。

少しレンジを下げてみようと、マリブ78にチェンジするが当たらん…

さらに下げてトラビス7にチェンジ

ロッドを立てながらゆっくりとフォールさせて流し込んでいく

すると、ドンッ!と深いバイトがあり、ヒット!

 

おーいぇー!ちょっといいサイズだ。

 

橋脚をかわし、後は慎重にファイト…と思ったら、

 

安定のバラシ(ノД`)シクシクI

 

慎重になるとこうだ…

ボラだと思って雑にファイトする位がちょうどいいのかもしれない…

 

その後、トラビスではバイトが出るものの後が続かず。

しかも、ちょっとルアーが深すぎる感じ。

 

魚は1m位のところに大量に群れている様子。

流れも緩んできたので、ちょっと上のレンジを更にスローに流せるようにマリブ78に戻す。

 

明暗のラインからだいぶ上流に着水させ、ロッドを立てて橋脚の奥へとほぼ巻かずに流していくと、深いバイトが出た!

 

ヒット!

 

フッコサイズだけど、狙い通りの嬉しい一本♪

気をよくして次を狙うが、ショートバイトだらけで乗らない。

 

えーと…緩い流れで1m位をスローに…

 

あっ…そういえば!

 

X80が謎の投げ売りされていたのを買っておいたんだっけ…

緩流のちょい下攻略にX80が大ハマリ!

普段は流れの強い河川でリップ付ミノーを使うことがあまりないけれど、これくらいの緩いながれならハマりそうだと思いX80を取り出す

すると、これが大ハマリ!

次々釣れます。

タダ巻きでも良かったけど、80がU字ターンで頭の向きを変えて抵抗が掛かったときにステイさせるとドンッ!が多かった。

サイズは相変わらずのセイゴ~フッコばかりだけど、気持ちいい連発をしばし堪能。

バイトが遠のいたところを、VJ16で

そして、ソコリ間際で沖で出始めたボイルをスイッチヒッターDH97Sで

まだ釣れそうだったけど、この魚を最後に納竿としました。

パターンを探り、掴めば連発が楽しめた釣行になりました。

本日のMVP

Megabass・X-80SW

本日のタックル

ロッド:ダイワ・モアザンエキスパートAGS 93L/M-S

リール:ダイワ・12ルビアス2510PE-H

ライン:ダイワ・モアザンセンサー8ブレイド1号

リーダー:山豊テグス・フロロショックリーダー20lb

ヒットルアー

ダイワ・モアザンソラリア85F、ダイワ・スイッチヒッターDH97S、マングローブスタジオ・マリブ78、BLUE BLUE・ブローウィン80S、メガバス・X-80SW、メガバス・トラビス7、コアマン・VJ-16

関連記事

【How To Seabass Fishing】シーバス釣りの攻略法はこちら