【夏の風物詩!相模湾でシイラ釣り】今季初の平塚庄治郎丸に乗ってきたが…

夏は何と言っても相模湾のシイラゲームが面白い季節です。

例年よりもかなり早くに梅雨明けとなったが、まだ7月初旬はゲーム序盤。釣果は安定しないながら大型がポツポツ釣れている様子なので、ヨメと一緒に今季初の相模湾シイラに行って来ました。

平塚庄治郎丸へ

今回お世話になったのは平塚の庄治郎丸さん。相模湾シイラの乗合では人気の船宿の一つです。

いつも、女将さんが明るくて気持ちのいい笑顔で対応してくれます。

ここ庄治郎丸さんでは、アングラーズリパブリックの石井さんもインストラクターを務めている。

土日に来るとだいたい会えますよ~。

いつも陽気な自虐キャラで、とても面白い人です(笑)

この日は、シーズン序盤ながら盛況でシイラ船は2艇出しとなり、石井さんは5号船へ。

僕は8号船に乗船したので、インストラクターは長田さんでした。

時に厳しく的確なアドバイスをくれる、熱血系インストラクターです。

前日の仕事が終わってから寝ずに行ったので、ミヨシ(船の先端)をゲット。

ミヨシは、一番最初に撃てるので優位なポジション。

しかし、魚を探す役割もあるので責任重大です。はい、がんばります。

人数が揃ったので、6時ちょい前に出船!

さぁ、今季初シイラは釣れますやら…

いざ出船!

船は、魚を探して広大な相模湾を西へ東へと走り回る。

魚探しは主に目視!船長は主に遠方を、ミヨシのアングラーは至近距離を担当し、一丸となって魚を探していきます。

シイラが着くポイントとして代表的なのは、パヤオと言われる浮き漁礁

ハイシーズンには、大抵の場合魚はいるので期待しましたが、不発…

いい感じの大きな潮目でも、何もない…

鳥山やブイなども狙っていきます。

しかし、鳥を見つけてもまとまらず刺してないし、ただ浮いてるだけとかのヤル気のない感じ。

なかなか魚の姿を見ることが出来ないまま時間が過ぎていきます。

朝イチのいい時間で出ないのは、キビシイ戦いになりそうです…

キメジ出現!

いくつかのポイントを撃ちながら、船は鳥がパラパラと舞っている場所へ。

ここで、本日初めてのナブラに遭遇!

ポツポツ程度だけど、魚はいる様子。

ここで、一緒にミヨシの右舷側に乗っていたアングラーに何者かがヒット!!

ヒットと同時に水面下でギラッと反転する魚体!

魚は一気にドラグを引き出し、豪快なランを見せる…

5分弱のファイトで上がってきたのは、キメジ(キハダマグロの幼魚)!!

そして、続いて右舷側の他のアングラーにもキメジがヒット!

ポイントである潮目は右舷側…

船長はできるだけ平等になるように操船してくれるけど、その時の流れや風向きにもよるので、必ずしも釣果が平等になるとは限らない。

ゲットしたアングラーさん、いいなぁ…

マツダイが…

結局、この2本のキメジのみでこのポイントは終了。

いくつかのヤル気のない鳥をやりながら、魚探しのクルージングは続く。

途中、漂流物を見つけては少しずつ撃っていくが、浮いてる竹の影にマツダイ発見!

近くにルアーを落としトウィッチしてくると、竹の影からスーっと出てきた!

そのまま、食うタイミングを図っているような感じでついてくる!

 

よし…食え!!

 

食ったー!!!

 

足元まできたルアーに、マツダイがヒット!

しかし、あまりに足元だったのでバレてしまった…

まだ食べたこと無いけど、マツダイは美味いらしい。

むぅ…残念…

クルージングタイムへ…

マツダイをバラした後もいくつかポイントを巡るが、肝心のシイラは姿を見せてくれない。

船長も頑張ってくれているが…

漂流物も、昨日までの荒れた天気のおかげで沈んでしまっているようす。

ロッドを振る間もなく、延々とクルージングタイムに突入…

一時間以上達、ようやくパラパラとゴミの浮いているところで船は止まる。

パラパラ程度だ…

そして、隣のアングラーについにシイラがヒットする!

しかし、しゃもじサイズ。しかも単発…

しばらくその一帯をやるが、全然釣れない。

でも、いつ出るかわからない単発の大型に掛けて黙々とキャストを続ける。

ヨメも頑張っている

 

 

ひたすらキャストし続けるが…

 

魚いなーい!!

 

待望のシイラが!

後半は、ほぼほぼクルージングタイムに…

勿論、その間もいつでもキャストできるような臨戦態勢で魚を探し続けるが、たまに飛び出すトビウオ以外に魚の影は全くもって見当たらない…

しばらく走って、割と岸近くにはっきりと水の違う大きな潮目が出てきた。

残り時間も少ない。ここが最後のチャンスだろう…

心はすでに、ほぼ諦めの境地だが、せっかくなので潮目に向かってキャスト…

 

すると…

 

シイラキターーー!!!

 

 

 

 

 

 

サンマ…?

 

 

あまりにペンペンすぎるペンペンシイラゲット(笑)

ヒットルアーはマングローブスタジオのボラドール110LS

サンマサイズのペンペン軍団は、シンペンをキャストするとワラワラと追ってくる。

しかし、中にはメーター近い大型サイズも!!

それを釣ろうと一同躍起になるが、誰もヒットせず。

60cmくらいのペンペンはヒットさせたが、惜しくもバラし…

結局同じようなサンマをもう一匹追加したところで、無情にもタイムアップとなりました。

本日の釣行まとめ

本日は船中シイラ4本(最大40cm)、キメジ2本。

まぁ、こんな日もある。

とりあえず、今回から持ち込んだ18カルディアLT5000D-CXHが想像以上に軽くて全く疲れないのは良かった。

時には、一日中激しくアクションさせ続ける釣りだから、軽いというのは操作性の向上において重要なアドバンテージになる。

あとは耐久性がどうか…これからたっぷりいじめていく予定です。

まだシーズンは始まったばかり。今後に期待して、またリベンジに行くぞー!!

庄治郎丸

所在地: 〒254-0803 神奈川県平塚市千石河岸57−16

電話: 0463-21-1312

HP:http://www.shojiromaru.com/