Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【久しぶりの湾奥】すっかり真冬の中川下流域深夜シーバス釣行

久しぶりの湾奥河川シーバス釣行。

釣果はまぁ、アレなんですけど…備忘録的に状況など報告です。

12月15日AM1時 中川下流域

干潟やら、富津ランカー便やら、南方へのプチ遠征が多かった今日このごろ。久しぶりの湾奥釣行です。

ブログに上げていない釣行もあるけど、最後に来たのが2日だったから、実に2週間近く湾奥に来ていないことになる。こんなに来れてないのは初めてだ…

とりあえず、本日のタイドグラフから

小潮の深夜の下げ。

気温は、天気予報では7℃。車の外気温径で5℃。

しかし、冷たい北風の強風のおかげで、完全冬装備で挑んだにもかかわらず寒いのなんの…

体感的には完全に氷点下です…

 

そんな中、深夜1時の中川下流域明暗部にイン!

メジャーポイントでも流石にガラガラ。これからは空いてていい季節ですな。

そして、表水温はと…

 

10.6℃!

 

水温計が壊れてるんじゃないかと思って何度も測りなおしてみたけど、大体誤差1℃以内でした。急激に下がったねぇ…



それでも魚はいる!

水面を観察してみても、ベイトっ気無し。

 

生命感ゼロ…

 

小潮だけど、強い北風が押していて、けっこう流れは利いている。

水面は流石に出ないだろうけど、「万が一出たらデカイかも…」を期待してガルバストロング120Sから流していく。

 

が、

 

やはり何もない(笑)

 

ルアーを変えながら、徐々にレンジを下げて探っていく。

まぁ、出てもボトムだろうな…

流れは効いているけど、メタルバイブではスローに引こうとするとすぐにボトムを擦ってしまう。

ここでちょうどよさ気なのはと…

ガサゴソとボックスを漁っていると、フルエントと目が合った

フルエントを遠投し、明暗のだいぶ上流に着水させる。

ラインテンションをいい感じに調節しながらボトムまで沈め、フワフワとボトムを漂うように流していく…

フルエントが橋脚裏の暗部に入って行った時だ…

 

クンッ…

 

フルエントを引っ張る生命反応!

 

よし!!

 

アワセ!!

 

 

 

乗らねー(;´Д`)

 

 

その後、丹念に探るも深いバイト出せず。

寒すぎて心が折れたので2時間で納竿としました。


まとめ

 

寒い!

 

秋完全終了です!しっかりとした防寒対策が必要になってきましたね…

これからは南方遠征が中心になりそうだけど、合間合間に湾奥の状況はチェックしていこうと思います。

本日のタックル

ロッド:ダイワ・モアザンブランジーノAGS 87ML

リール:ダイワ・13セルテート 3012H

ライン:TORAY・シーバスPEパワーゲーム1.5号

リーダー:山豊テグス・フロロショックリーダー25lb

ヒットルアー

なし!

関連記事

【ボートシーバスランカー便】デカトップで水面爆発の富津沖コノシロパターン 【How To Seabass Fishing】シーバス釣りの攻略法はこちら 【大野ゆうきプロデュース商品(ルアー・ロッド・DVD等)まとめ】湾奥のプリンス監修のタックルを一挙に紹介!