【中川下流域シーバス釣行】秋の明暗レンジ攻略が楽しすぎる

ハイシーズン 10分だけでも 釣り行きたい ~匡生 心の俳句~

10分有れば十分楽しめる季節の到来!

連日のご近所中川シーバス釣行です。

秋のハイシーズンは仕事もハイシーズン…

いい時期のいい潮周りなのに、日没後からの下げジアイは仕事だったり用事が入っていたりと、なかなか最高のタイミングで釣りに行くことが出来ません…

この日のタイドグラフでございますが、まさにジアイ開始時間から用事が入る…orz

用事を終えて時間はすでに23時。

釣り部のかつべー氏が中川に入っているので、状況を聞いてみるといい感じにボイルが出ているようす…

干潮時刻は23時14分。間に合うか…

ソコリの中川でかつべー氏と

というわけで、中川に到着したのがまさに干潮時刻。

無風で鏡のような水面にベイトの引き波が出ていて、いい雰囲気。

先に釣りをしているカツベー氏の場所に入らせていただく。

 

カツベー氏:「さっきまでボイルしてたんだけど…」

 

出たよ!来たとたんにジアイ終了パターン…

 

そんなの慣れっこですがな!諦めない事が肝心(笑)

流れは既にトロトロ…

ベイトはまだ浮いているので表層からチェック。

案外すぐ出るんじゃないかと期待したけど、不発。

時間がないので、手っ取り早くレンジを把握しようと、最近お気に入りのカットバイブ55を取り出す。

軽量の小型バイブなので、レンジが入り過ぎないのがいい。

手前の明暗の堺をかすめる用に引いてくると、カットバイブがこちらを向いて暗部から抜けようとする時にバイト!

ヒットには至らず、同じ所を再度トレースした後に少し沖めもチェックすると、やはりバイト!

流速と、レンジと、この時のメインベイトであるサッパのサイズにちょうどマッチしている様子。

そして、三度目の正直で深いバイトが出た。

綺麗なフッコさん。

開始5分で結果が出て嬉しい♪

この後すぐにベイトっ気も流れも無くなり終了。

ギリギリ間に合った一本でした。

上げで再出撃!

一時帰宅してから、上げで再出撃。

先日一緒にシイラに行った釣友の純平君が荒川上流で釣りをしているらしい。

遠方から来ているのに釣れていないようす。

せっかく来たなら釣ってもらいたいので、「下流の状況が良ければお知らせするよ」ということに。

 

家を出るのが遅くなってしまい、川に到着したのが2時半頃。

翌日は平日だというのに、相変わらずどこもかしこも人がいる。

幸い、タイミングよく上がるアングラーさんがいたので、入れ替わりで明暗に入ることができた。

 

流れはいい感じに効いており、手前の橋脚付近では時折セイゴが元気良くベイトを追っている。

流れと逆の風が少しあるので、飛距離が稼げて表層をゆっくり流せるソラリア85Fをセット。

キャストポイントを変えながら流すこと数回。

橋の暗部に入ったソラリアが橋脚の裏でターンを始める。

ルアーにかかる抵抗が増し、こちらに向って進み始めた時にバイトが出た。

 

ヒット!

 

体高のあるカッコいい体型のフッコさん

幸先のいいヒットに、イージーモードを期待するが、その後連発ならず。

橋脚の手前を通すと、コンコンとバイトが出るが、完全にセイゴのソレ…

たまにヒットするが、軽いので即バレと言う感じだ。

 

そのうちに流芯が離れて流れが緩みだし、バイトが遠のく。

水面のざわつきも消えてしまった…

流芯までは到底届かないので、レンジを落としていく。

 

マリブ78ではバイトが出なかったので、もう少し下げてトラビス7にチェンジ。

水深1.5m~2m位を、トラビスがフラフラと動く位のスローリトリーブで探っていくと、ゴン!っと、深いバイトが出た!

 

ヒット!

 

ヒットした魚はすぐに水面に浮上し、重量感のあるエラ洗いを見せる。

おっ!今日一の良いサイズ!

慎重に寄せてくるが、足元で再浮上した時のエラ洗いで惜しくもフックアウト…

残念…70前後はあったな(´;ω;`)

 

流れが緩んでイマイチな状況だけど、魚はいるようなのでとりあえず純平くんに連絡。

微妙な状況だとは伝えたけど、来てくれることに。

遠征客に釣らせたいのだが…

先ほどヒットしたトラビス7でもその後続かず、さらにルアーをローテーションさせていく。

流れがさらに緩くなってしまっているので、グラバーHi68Sにチェンジ。

さっきヒットしたのと同じ位のレンジをスローに探っていくと、魚がいるのが伝わってきた。

繰り返し攻めていると、ようやく深いバイト!

リリースして釣りを再開した時に純平くんが後輩を釣れて到着。

二人がこちらに向って歩いてくる間にヒット!

しかし、かわいいセイゴちゃん。足元で遊ばせていたら自ら針を外してお帰りになられていきました。とりあえず、魚がいることの証明にはなったかな…?

神奈川方面から、わざわざ遠征してきてくれた二人。

彼らにヒットパターンを伝え、立ち位置を譲る。

しかし、まだシーバス歴の浅い二人…

河川の流れの中の釣りに、なかなかバイトが出せずに苦戦している様子。

せっかくなら釣って帰ってもらいたいので、先ほどと状況が変わってないか確認のためにキャストしてみると…

 

ヒット!

 

さっき説明したパターンでそのまま釣れちゃいました…って

 

僕が釣っちゃいかんのよ(;´Д`)

 

ヒットしたのはセイゴちゃん。そのまま足元で針を外してお帰りになられました。

その後は、純平くんはバイトは出るもののヒットには至らず。

すぐに流れが緩み、夜が明けてジアイ終了となりました。

次こそは釣ってもらいたいなぁ。

今回の釣行まとめ

中川下流域全体にサッパがびっしりと入り、秋らしい釣りができるようになってきた今日このごろ。

爆釣とまでは行かないまでも、レンジやアクションにセレクティブで、アジャストしていけばちゃんと答えが出て、程々に釣れるのが楽しいですね♪

しばらく眠れぬ日々が続きそうです。

本日のタックル

ロッド:ダイワ・モアザンブランジーノAGS87ML

リール:ダイワ・13セルテート3012H

ライン:ダイワ・UVF モアザンセンサー 8ブレイド+Si 1号

リーダー:山豊テグス・フロロショックリーダー20lb

ヒットルアー

ダイワ・モアザンソラリア85F

邪道・グラバーHi68S

メガバス・トラビス7

メガバス・カットバイブ55

関連記事

【How To Seabass Fishing】シーバス釣りの攻略法はこちら