【東京湾奥の秋開幕】シーバス乱舞の荒川ウェーディングゲームに「ごっつぁんです」

久しぶりに荒川に浸かりに行ってまいりました。

今シーズン初のナイトウェーディング。釣果はいかに…

〇〇の秋

「食欲の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」…

大相撲九月場所も始まり、お客様からご招待いただき久しぶりの相撲観戦。

国技館名物の焼き鳥を食べながら、競技でもあり芸術でもある日本の国技に感動し、「食欲、芸術、スポーツ」の3つの秋を同時に堪能した後は…

やはり「釣りの秋」でしょう!!

秋らしく日も短くなり、夜の水位もだいぶ下がるようになってきた今日この頃。

一時帰宅してから、ウェーダーを着て自転車で荒川にGO!

21時頃、ポイントに着くと先行者さん2名。

挨拶をして「どうですか?」と状況を聞いてみると、どうやらいい感じに釣れている様子。

明暗下流側を「どうぞ!」と快く譲っていただけたので、ヨレ狙いからスタート。

沖の橋脚には遊漁船も入っている。

頻繁に船の上でライトが点いているあたり、釣れている様子だ。

下流側からエントリー。

表水温は24.8℃

昨日の冷たい雨でだいぶ下がったなぁ…

とはいえ、水の中に入るとまだまだ温かく感じる水温。

冷たい北風が吹き荒び、外気温は20℃を下回る中、心地良く感じる温度だ。

歩を進め、ヨレの射程圏内に近づくと、ベイトが跳ね、ボイルも出ていて雰囲気ムンムン!

さーて、第一投は何にしようか…

相撲を見に行った日は、やっぱりコレでしょう(笑)

邪道のごっつぁんミノー89F

キャストがいい感じに決まり、ごっつぁんミノー89Fが橋脚裏へと吸い込まれる…

「これはもうもらったな」とワクワクしながらリトリーブ。

ヨレと明暗のラインが重なるピンを通るようにごっつぁんミノーをトレースしてくると…

 

ヒット!

ごっつぁんです(笑)

セイゴちゃんだけど、とりあえずの一匹確保でだいぶ気が楽になる。

やはり今日は相撲に縁があるのね…

その後、スレたのか連発ならず。

先行者さんたちがお帰りになったので上流側に居を移すことに。

「これぞ秋!」の無限バイト

明暗上流側は、さらにいい雰囲気。

足元には5cm位のサッパが右往左往していて、明暗のライン上のそこかしこでボイルが連発している。

とりあえず手前の表層から拾って行こうと、ガルバ73Sにチェンジ。

ボイル攻略の鉄板アイテムだ。

明暗の少し上流に落とし、北風で膨らんだラインをメンディング。

引き波が出るか出ないか位のスローリトリーブでガルバを暗部に流し込んでいくと…

 

ゴンっ!

 

ガルバの威力は抜群!

面白いように釣れる

他のルアーも試してみようと、コモモⅡ65にチェンジ

釣れるねぇ…

カゲロウ100Fでも

 

この他にも、マリブ68、ソラリア70F、グラバーHi68S…

というか、「何でもいいのでは…?」と思い始める。

 

 

入れ食い♡

 

セイゴ中心とはいえ、キャストポイントやトレースするコースにはシビアで、外すと見向きもしてくれない。

でも、良いコースに入れば1キャスト5バイト位出る状態。

セイゴ~セイゴ~セイゴ~セイゴ~フッコ位の割合で、時々マシなのが混じるという感じ。

ベイトサイズにルアーを合わせると無限セイゴになるので、ルアーのサイズを上げてみるが…

スイッチヒッター120Sでも

セイゴ…

ソラリア70Fで、よりスローに、自然に流してみる

やっぱりセイゴ…

今度はレンジを下げてみよう…

カットバイブ55

やっぱりセイゴ…

グラバーHi68で沖目を狙ってみても…

 

 

無限セイゴ地獄…orz

 

何匹釣っただろうか…

次第に釣りも雑になり、バラシも多くなる。

写真も雑に(笑)

写真酷い…(笑)

そんな中、比較的良かったのが55位のフッコさん

ヒットルアーは、本日のメインベイトであるサッパにジャストマッチのカットバイブ55

日付が変わるまで夢中になってセイゴと戯れ、たまーにフッコさんに遊んでもらい、ソコリを迎えたところでストップフィッシングとしました。

本日の釣行まとめ

久しぶりのシーバス爆釣!!

全部写真撮ってないけど、キャッチ20以上、ヒットは30以上でした♪

ルアーは別になんでもいいんだけど、強風に負けずに良く飛んでしっかり水を
掴んでくれるルアーが使いやすく、結果的によく釣れましたね。

主にセイゴだったけど、秋らしくなってきた湾奥河川に癒やされた釣行でした。

本日のMVPルアー

邪道 グラバーHi68S