【2018年シイラ終盤戦】荒天の相模湾で大爆釣(平塚庄治郎丸)

2018年のシイラキャスティングゲームもいよいよ終盤戦!

今回は平塚庄治郎丸の乗合にて出船してきました。

楽しみに計画しちゃダメなんだよ…

本当は5日に行くはずだったシイラ釣り。

新しいタックル買ってウキウキしていたら、台風っていうね…

4日~5日にかけ、関西方面に甚大な被害をもたらした台風21号。

関東地方は直撃は免れたものの、通過直後の5日は勿論出船できるはずもない。

せっかくシイラのために休みをとったのに諦めきれず、早くNEWタックルを試したいのもあり、7日なら治まっているだろうと、釣り仲間の皆川氏と船を予約。

この時点では穏やかに晴れてシイラ日和の予報だったのが、予約入れた後から雲行きが怪しくなり…

雨!そして強風予報!

相模湾にしては波も高い…

こりゃ出船中止か?ってほどの予報だったけど、どうやら出る様子なので平塚港へと向かう。

船宿に向かう時は美しい朝焼けが…

綺麗だけど、天気が下り坂である証だ。

5時過ぎに庄治郎丸に到着。

やっぱりこんな状況じゃ予約も少なく、乗船者3人

6時ちょっと前、5号船にて平塚港を出航となりました。

荒れ荒れの海にウッキウキ

いつもならミヨシで魚探しするのも楽しみの一つなんだけど、やはり波ザバザバで到底魚など見つけられるはずもない

「ポイント着くまで後ろ下がってて~」と、船長からの指示

だって、波こんなんだもん…

ミヨシに立ってたら、海に放り出されますわな。

途中から雨も降りだし、刻々と悪化する状況に、もはや笑うしかなくなってくる(笑)

ブリッジの下で、船長の足を見ながらのクルージング

ここ、始めて乗ったわ…

本日同行の皆川さん。相変わらずの軽装です(笑)

皆川さんは、今年シイラ釣りを始めてからというもの、もうすっかりハマってしまっていて、週2回位乗りに行っている。

もはや、すっかり常連だ。

海の上に掛かる綺麗なアーチ。

久しぶりに見た虹に感動しながら、パヤオを目指します。

休暇明けのパヤオは絶好釣!

というわけで、ウキウキやってまいりました浮き相模

波が高く、船が少しでも進んでいると立っていられない状態の中、果敢にも一番槍を入れたのは皆川さん。

皆川さんがルアーを投げると…

 

「いたいた!シイラいるよー!」

 

それも沢山!

とりあえず一匹釣りたくて、最近お気に入りのガルバストロング120Sからスタート。

波が高くて、船べりに体を押し付けていないとまともに立っていられないような揺れの中、パヤオの横めがけてオーバーヘッドでフルキャスト…

着水と同時に高速スキッピングをしていると、数匹のシイラがガルバを奪いあい、水面爆発!

 

ヒット~!!

ペンペンサイズだけど、新たに入手したシーラプチャーとツインパワーは早くも入魂完了♪

久しぶりにシマノのスピニングを買ったけど、イイね!

そして、この後はひたすらの爆釣劇!

しばらくの間、どこの船宿も出船できない荒天が続いたおかげで、シイラのプレッシャーもリセットされて超高反応!!

次々と水面が爆発し、次から次へとヒットする。

 

入れ食い♡

 

たまには、頭をあまり使わずに、ただひたすら魚の反応と引きを味わう釣りも楽しい。

手前まで追ってきた魚は、小さめのギグ100Sなどのシンペンで簡単に拾える

ただ、これはあまりにエサすぎるのでトップで楽しもうと、マヒペン127にチェンジ

トップにしたら、さらに高反応で奪い合いだ。

ルアーやアクションのさせ方の違いで反応が変わるのは面白いし、勉強になるね。

と、ここで皆川さんにトラブル発生…

 

「リール壊れた~!!」

 

見るとベイルが無い…

ラインローラーの先から折れてなくなっている…

しかし、皆川さんはこのままで釣りを続行!

器用にも、この若干軽量化されたリールを使いこなしている(笑)

乗船者3人が、それぞれ好きな釣り方で次々と数を伸ばしていく…

いやー、楽しい!!

 

もう、夢中になってキャストを繰り返す。

しかし、活性はいいがサイズはペンペンばかり…

次第にルアーも見切るようになりペースが落ちてきたので、ここで移動となる

無限シイラ祭り!

相変わらず波はザンザンで、次のポイントへ移動している時もこんな有様…

まるで外房のようだ。

途中、鳥が集まる所でキャストをしてみるが、なんだか鳥もまとまり切らず、少し投げただけですぐに移動…

そして船は次のパヤオへと到着

さっきより一段と高くなった波に負けないよう、ポップクイーン130Fをセット

派手目のアクションで誘い出すと、ここでも我先にとシイラがルアーを奪い合う(笑)

付いて来る魚を見ると、メーター位ありそうな大型の個体もちらほら混じっている。

俄然テンションは上がるが、それよりさらにテンションが高いペンペン軍団が先に食ってきてしまうのよね…

いい加減ペンペンにも飽きてきたので、ここでルアーをちょっと大きめの青政148Fにチェンジ

しかし、ルアーを大型のものに変えようがダメ(ノ_<)

大きなルアーの派手な着水音や大きな水しぶきはペンペンを刺激してさらに奪いあい状態に…orz

いろいろ試すうちに、複数匹で奪い合うスイッチの入れ方がわかってきたので、そのオンオフで釣る個体を選ぼうと試みるが、やはり思うようには行かないもの…

無限ペンペン…

 

そのうち、魚を掛けるのも疲れてしまうので、スイッチを入れるだけ入れておいて、ギリギリのところで食わせないという遊びをやりだす(笑)

フックを外せば絶対にヒットしないけど、そこは大型がバイトしてきたら釣りたいもんね…

そんな遊びに興じていると、いよいよ風は上がってきて、波で水平線が見えなくなってきた。

猛烈な勢いの雨も近い。

ここで船長判断でストップフィッシングとなりました。

途中から数えるのが面倒になってしまい、数は定かじゃないけど、久しぶりの大爆釣をたっぷりと堪能出来ましたよ♪

早上がりだったけど大満足

早上がりとなってしまった今回の釣行。

自然には逆らえません…安全第一なのでいた仕方なし。

お腹いっぱい楽しめたし、高波でヘトヘト&若干船酔い気味だったのでかえってよかったのですが、早々に沖上がりとなった事で船宿から次回半額券をいただきました♪

庄治郎丸では、シイラ乗合は例年9月のお彼岸の頃までとのこと。※その後アマダイ船が始まるため。

それまでに、無理してでももう一回乗りに来なきゃね~♪

本日のタックル

タックル1

ロッド:パームス シーラプチャーSRGS-76ML
リール:シマノ 15ツインパワーSW6000XG
ライン:YGKよつあみ・スーパージグマンX8(2号)
リーダー:APPLAUD・SALT MAX SHOCKLEADER TYPE-N(40lb)

タックル2

ロッド:パームス・シーラプチャーSCGS-69L
リール:ダイワ・18カルディアLT5000D-CXH
ライン:YGKよつあみ・スーパージグマンX8(1.5号)
リーダー:APPLAUD・SALT MAX SHOCKLEADER TYPE-N(30lb)

ヒットルアー

ダイワ・ガルバストロング120S、マングローブスタジオ・マヒペン127、マングローブスタジオ・アトゥーラ120、マリア・ポップクイーンF130、DUO・ROUGH TRAIL青政 148F、パームス・ギグ100S

庄治郎丸

所在地: 〒254-0803 神奈川県平塚市千石河岸57−16

電話: 0463-21-1312

HP:http://www.shojiromaru.com/

関連記事

【シイラ釣りに行こう】オフショア初心者に贈る入門パーフェクトガイド(乗船方法/釣り方/タックル/厳選おすすめルアーも紹介) 【ダイワ18カルディアLT5000D‐CXHファーストインプレ】最軽量オフショア用リールとしてイケる!? 【ガルバストロング120S発売!ファーストインプレ】ダイワのモアザンガルバシリーズに対ランカー用期待の新作が登場!!