【セイゴ釣るのに必死!】深夜の荒川下流域シーバス釣行

8月最後のシーバス釣行。

朝まずめを狙って、近所の荒川へ行ってきました。

久しぶりの釣行記

しばらくぶりの釣行記です

仕事の合間を縫って、ちょこちょこ釣りには出ていたのですが、まー釣れないこと…

仲間は釣っているので、魚はいるんだけど、僕のルアーに食いついてくれるお人好しはいないみたい。

8月最後の日である31日。

この日も仕事帰りに荒川下流域のシャローへ寄ってみました

AM3時の荒川下流域明暗

AM3時過ぎ。早めにポイントへと入る。

干満差のある深夜の上げ潮に、なんだか秋を感じさせる今日このごろ。

潮位が上がるにつれ、シャローへと逃げ込むベイトを追って入ってくる魚が狙いだ。

ポイントに入ると、まだまだ潮位は低い…

しばらくのんびり待つか…と思ったら、沖の方に黒い影が目に入った。

 

あらー、、ウェーディングの先行者さんあり…

 

平日の深夜の上げで浸かりなんて珍しいなと思い、先行者さんの邪魔にならないよう、明暗の反対側に入り、ヨレ狙いをすることに。

まだまだ潮位は低く、手前の橋脚のヨレはヒザ下位しかない。

リップ付のミノーではすぐにボトムを擦ってしまう水深だけど、5cm位のサッパがチラホラといて、時々追われているような動きをしている。

いい感じの雰囲気。
しかし、あれこれ試してみるがバイトは出ない。

というのも、今日はガチガチに硬いベイトタックル。

デカイルアーしか持ってきていない…

ベイトが小さいから、シルエットもあわせたいところだけど、持ってくるタックルを誤った(¯―¯٥)

小さめのルアーは、辛うじてボックスに入っていたimamのK-太のみ。

これを、ガチガチのロッドに太いラインに悪戦苦闘しながら橋脚裏に放り込み、暗部から明るいところに引き出してくる…

すると、「コンッ」っと小さなバイトが出た。

あー、やっぱり小さいのか…

魚はいる…しかし…

コースを変えて数回トレースすると、バイトが何回か出たけど全く乗らない。

硬すぎて弾かれてしまうのだ。

乗らないバイトに悶々としていると、ウェーディングの先行者さんが上がってきた。

 

「どうですか~?」と話をきくと、「8ヒット5ゲット!でもサイズが…」とのこと。

 

どうやら、小さいサイズの群れが入っているようだ。

もう帰られるとの事だったので、明暗の流れの上流側に場所を移してまた一通り試してみる。

やっぱり大きなルアーでは全く反応が出ないが、K-太にするとバイト!

しかし、やっぱり乗らない(苦笑)

セイゴ一匹釣るのにも必死!

バイトは出るものの乗らない…

そうこうしている間に、辺りは明るくなってきてしまった。

もう時間がない…

流れの上流側より下流側のヨレの方が雰囲気があるので、最後にもう一度場所を移してみることに。

ルアーはもうK-太一択。

何回かバイトは出るのに、全く乗らない!!

 

もう!!

 

スピニング持ってくればよかった…

それでも、諦め悪くしつこくキャストしていると…

 

グンッっとロッドに重みが伝わってきた!!

 

やったー!ヒット!!

必死で獲ったセイゴさん。

小さくてもなんでも、嬉しい♪

ヒットルアーはimaのK-太

この後、かなり明るくなってきたので冷音にチェンジして少し粘ってみるが、ちびセイゴのバラシのみ。

この日は納竿としました。

さいごに

また暑い日が数日続きましたが、水の中は少しづつ秋めいてきた感じ。

秋爆Xデーはいつか…?

はやくシンペンを流す釣りがしたいなぁ…