【今日も隅田川バチ抜けシーバス】謎の能力に目覚めたタカさんのオカルト釣法が炸裂!?

今日も仕事帰りのシーバス釣行。深夜の隅田川で、タカさんと遊んできました。

この大事な時に台風って…

6月も中盤にさしかかり、散々遊ばせてもらった湾奥のバチ抜けもいよいよ終盤戦。

特に、クルクルバチが中心となる6月は、深夜の満潮前は一番楽しみにしてる時間でもある。

このタイミングは、今季のバチ抜けが完全に終了するまでに、残すところ僅か数回のチャンスしかない。

この日からが、その絶妙な潮回りなのだけど、この大事な時に台風ですって…

まだ6月だってのに…

台風で大雨なんか降ったら、回復に数日かかる。それは、この潮回りのチャンスが丸つぶれになることを意味する。

予報では雨だったけど、なんとか持ちこたえそう。行くしかないよね。

今日はタカさんと

今日はタカさんも出撃するという。

タカさんといえば、潮回りとか時合に関係なく自分の行きたい時に行き、柵が高いとか足場が悪いところには行きたがらない。

魚の都合に合わせるんじゃなく「魚が俺の都合に合わせろ!」というタイプだ。

そのせいか、昨年から「時合を自在に操る」という謎の能力に目覚める。

そして最近、「予知夢を見る」という能力にも覚醒…

ますますオカルト的な謎の能力に磨きがかかっている。そのうち、この能力で世界を救う日が来るんじゃないかと思う。

※タカさん実は凄いベーシストです⇒【ついにあの男が始動!】Musician’s釣り部の港湾部バチ抜けシーバス釣行

タカさんのオカルト釣法が炸裂!

ポイントに到着すると、台風接近の影響か風が強い。

先に着いたので何箇所かウロウロしてみたが、結局いつものポイントに戻るとタカさんも着いたところ。

そして、いいタイミングでクルクルバチが湧いてライズが出始めた。

 

この男、やはり時合を操れるらしい…

 

今日は、タックルベリーでいい感じのカラーのエリテンを見つけたので、それからスタート。

丁度いい距離感のいい潮目にライズ!

その上をトレースすると、ボシュッ…とルアーが消し込まれた。

 

ヒット!

 

しかし、すぐにバレてしまう…

そして、その後もたまにバイトは出るものの乗らない悶絶状態に…

そんな中、隣が何やら騒がしい…

見るとタカさんのロッドが曲がっている!

タカさんがやってくれた!

ヒットルアーは、アルカリシャッド

TAKA

いやー、ワームの釣りを極めようと思ってね

この男は、表層のライズを捨て、ジグヘッドで中層を狙っていたのだ。

そういや、表層で悶絶してる時に下で簡単に口を使ってくれるシチュエーションも何度かあったよなぁ…

表層でボコボコやってると、ついムキになって固執しまうのは悪い癖だ。

そん中、自分の釣りをやり通す…いやー、タカさん、かっこいいぜ!

なんか、すごい釣りが上手い人みたいな写真だ(笑)

時合を操り、夢で未来を予知し、どんな時も自分の釣りをやり通して魚の方にアジャストさせる男…

 

これがオカルト釣法の開祖、佐藤TAKAだ!

 

僕はというと、その後は下を攻めてバイトは出たものの乗らずで、すぐに時合終了。

相変わらず短いクルバチ時合でした。

はーい。今日はボウズでーす。

関連記事

クルクルバチ攻略法⇓

【春~初夏の悶絶タイム!】クルクルバチパターンのシーバス攻略法とおすすめ必勝ルアー7選!

バチ抜けについて⇓

How To ? バチ抜け【東京湾奥バチ抜けシーバスを攻略する】バチパターンの釣り方とオススメのルアー7選

隅田川釣行記⇓

参考 隅田川釣行記釣リズム!