【港湾部のステルスバチパターン】見えないバチを追うシーバスぷち爆釣行

深夜の上げ止まりのバチ抜けジアイを狙い、久しぶりに港湾部に出撃してみました。

久々の(?)出撃じゃー!

基本的に、ほぼ日課となっている仕事後の深夜釣行。

最近忙しかったせいで数日出る事ができなかった。たかだか数日だが、一ヶ月位のようにも感じてしまう…

 

「やっと行ける…」

 

まるで、シャバに出られる囚人のような気分だ。

タイドグラフを見ると、ちょうど間も無く満潮というタイミング!大好きなクルクルバチ時合いじゃないのー♪

久しぶりに港湾部でも覗いてみることにしました。

深夜の満潮前の港湾部

ほぼ満潮となる頃、東京湾奥の港湾部オープンウォーターのポイントに入る。

暗い水面に工業地帯の灯りが反射して美しい。

クルクルバチが出ていれば、ちょっと実験したい事があったので、確認のために真っ暗な足元の水面をライトで照らす…

だが、バチの姿は見られず、ライトに照らし出されたのは一匹のフッコ…

あ…やっちった(^_^;)

いきなりプレッシャーをかけることに成功してしまった…

ポイントは広いし、誰もいないので、少し場所をズラして釣り始めることに。

バチは見えないが…

あまり時間が無いので、てっとり早く可能性の高いパターンからと思い、アルデンテ95Sを取り出して、キャスト開始!

一投目…

 

グンっ!

 

すぐにバイトが出る、が乗らない。

バチは見えないが、やはりバチを意識しているのは間違いないようだ。

これはこれで一つの正解ということにして、すぐにルアーチェンジ。

他のベイトのパターンを探ってみる。

いくつか試してみるが、反応が得られないため、すぐに見切りをつけてバチパターンに専念することに。

ステルスバチパターン炸裂!

しばらくすると、水面が騒がしくなってきた。

バチを捕食する時特有の、モワッというライズがそこかしこに出始める。

とにかくあまり時間がないので、てっとり速く答えの出るモアザンスライ95Fにチェンジ。

すぐにその答えが出た。

 

グンっ!

バシャバシャバシャ…

 

ヒットと同時にすぐに水面を滑ってきたのは、カワイイセイゴちゃん

ここからは、しばし1キャスト1状態

しかし、みんなアジ~サバサイズ(笑)

ヒットしてもすぐにバレてしまうのも多い。

スライで釣れるのはわかったので、どんどんルアーを替えて試していく。

ガルバスリムで…

ガルバスリムって、バチパターンを意識したプロモーションがされて無かったけど、やっぱりバチ抜けでも使えるんですね。

キャロット72Sでもヒット多数…でも、全部バラし…

この合間にも他のパターンをちょっと探りつつ、やっぱりバチパターンが正解みたい。

何回か水中を照らして見たけど、まったくバチの姿は見られなかった。

明らかに水面で捕食しているのに。

 

何だろね?

 

そうこうしている間に、ボイルが少なくなってきてしまった…

ちょっと渋くなったので、一撃必殺のアルデンテ70S

しかしまぁ、小さい…

ラストは少しだけドラグを出してくれたフッコサイズ

これにて、ライズは完全終了。

再び静かな水面へと戻ってしまったので、シーバス釣り終了としました。

まとめ

全くバチの姿は見えないのに、バチ特有のライズ祭り。

そして、バチパターンの釣り方がハマった釣行でした。10ヒット以上、バラシ多数。

きっと、シーバスと心の清い人にしか見えないバチがいたのだろう。

さて、この後は他の釣りのために移動となります。

その話は、また後日…

本日のヒットルアー

ダイワ モアザンスライ95F

ima アルデンテ70S

関連記事

How To ? バチ抜け【東京湾奥バチ抜けシーバスを攻略する】バチパターンの釣り方とオススメのルアー7選 【春~初夏の悶絶タイム!】クルクルバチパターンのシーバス攻略法とおすすめ必勝ルアー7選!