【ベイト賑わう春の東京湾】シーバス探して湾奥河川をランガンしてきました

4月のはじめ、久しぶりに夕まずめからゆっくり釣りに行ける時間がとれたので、下げ一杯楽しもうとあちこちランガンしてきましたので、状況をご報告。

PM6:00 千葉県のテトラ帯

この日のタイドグラフ

夕まずめに満潮を迎えるタイミングなので、バチ抜けに期待。満潮時刻少し手前頃、最初に訪れたのは、この時期クルクルバチが湧く定番の千葉県の海。

家を出ると風が強く、しかも南風。南に面したこの場所は波しぶき被るかもしれないけど、とりあえず行ってみることに。

しかしまぁ…

湾奥なのにヒラスズキでも釣れそうな位のサラシができているし、足元のテトラは完全に波に晒されているような状態。

せっかく来たので、波をかぶらない場所を見つけて日が暮れるまで投げてみるが、ちぎれた海藻が引っかかってくるだけ。

早々に退散…

PM7:15 旧江戸川

海でのバチパターンを諦め、次に向ったのは旧江戸川。稚鮎の遡上も本格的になっているので、それを追ってシーバスも入ってきている事に期待して。

ポイントに到着し、川の中の様子を伺うと…大きな青バチがウネウネと泳ぎまわっている。

もう4月だというのに、まだバチ抜けてるの…

さすがに河川のバチ抜けは終わりだろうと、バチパターン用ルアーは車に置いてきてしまったよ…

かろうじてボックスに入れておいたコモスリをセットしてキャストを開始するが、真横から吹き付ける強風に煽られてやりづらいのなんのです。

バイトを何回かもらうものの、ラインが思いっきり風にはらんでいるのでフッキングが伝わらない。やっと掛けても、フック伸ばされてバラシ…やはり掛かりが浅いようです。

そうこうしているうちに、30分程でバチは消えてバイトが遠のいてしまった。

稚鮎が溜まっているかもと思い、シンペンやミノーを流してみるが、たまーにバイトが出るもののヒットにはいたらず。2時間粘ったが、見切りをつけて移動することに…

PM10:00 新中川ランガン開始

旧江戸を見切り、新中川の明暗とシャローを巡ることに。

いずれのポイントにもベイトとなるハクの姿は確認できたけど、シーバスがそれに着いている感じがしないので、雰囲気を探してテンポよく見てまわることに。

何ヶ所か様子を見た後、最も有力視していたポイントを訪れると、川のそこかしこにハクの大きな塊が確認できた。すでに下げが進んでシャローは干上がっている。

すると、その干上がったシャローにすぐ際にあるブレイクでボイルが出始めた。暗闇に響く「パッカーン!」というボイル音に興奮!

しかしまぁ、例によってなかなか食わないヤツですよ…

コレね… ⇓

ルアーをとっかえひっかえ、アクションを変え立ち位置を工夫し、ショートバイトをもらうのが精一杯…

ソコリを迎え終了。

惨敗です(泣)

AM4時 荒川下流

悔しいので、上げの荒川下流に再出撃(笑)

足元の流れが緩い部分には、これまたハクの群れ。明るい場所ではたまにボイルしているが、例によって全然食わない。

明るい場所をスピンテールを通すとバイトが出たけど、それっきり。

ダメだ~(ノД`)シクシク

まとめ

釣り場で会ったアングラーさんのお話だと、やはり最近は稚鮎にボイルしている姿も見られるとのこと。

バチやハク、稚鮎と様々なベイトで賑やかになってきた湾奥。

魚もしっかり入っているようなので、また出直します…

オマケ

奇跡の口フッキング!!

 

あと、癒やし画像でもどうぞ…

明日はがんばります…