【18フリームス購入者必見】ヘッジホッグスタジオからフルベアリングキットが発売!

先日、ついに販売が開始されたダイワの渾身の新製品「18フリームス」

ダイワのスピニングリールを刷新する新しい規格として登場した「LTコンセプト(Light&Tough)」のエントリーモデルですが、その性能は、もはやエントリーモデルの範囲を超えた物でした。※詳しくはこちらの記事で説明しています⇒【ダイワ新製品LTコンセプト】18カルディア/18フリームスを徹底比較!

鳴り物入りでモデルチェンジされたこの18フリームスですが、上位機種と比較するとボールベアリングの数が少ないのが難点でした。

しかし、早くもベアリングなど高性能アフターパーツで人気のHedgehog Studio(ヘッジホッグスタジオ)から適合するフルベアリングキットが発売されました!

⇒HEDGEHOGSTUDIOのHPへ

18フリームスのボールベアリングの数

18フリームスには、標準で5個のBB(+ローラークラッチ部)が採用されています。

BBが採用されている場所はカタログに記載されていないので、ダイワのCSに問い合わせてみました。

18フリームスのBB採用箇所ですが

  • ピニオン部✕2
  • ドライブギヤ✕2
  • オシレートギヤ✕1

となっています。

フリームスって、割とライトな釣りに使用される事が多いモデルだと思うのですが、ラインローラーのベアリングが入ってないんですよね。

店頭で実機を手にとってラインローラーを指で回してみるとわかるのですが、

「これ、ラインローラーの意味あるの?」ってくらい回りません!

魚が掛かった時くらいしか回らないような代物…

18フリームスのラインローラーには「ツイストバスターⅡ」という糸ヨレを軽減する形状が採用されているのですが

 

これじゃ意味無いじゃん…

 

ラインローラーが回らないと糸よれのトラブルが増えるし、摩擦によってラインにかかる負担も大きくなります。

メバリングやアジング、エリアトラウトなどの繊細な釣りには致命的!
ここは何とか入れて欲しかった…

ですが、一つ上のモデルであるカルディアとの差別化を図るためには、仕方がない事だったんでしょうね…

そこで、ヘッジホッグスタジオのフルベアリングキットの登場です。

18フリームス8BB化キットの内容

画像参照元:ヘッジホッグスタジオより

フルベアリングチューニングキットと言っても、3つのBBを追加するだけのシンプルなもの。

そのチューニングメニューは、ラインローラーの1BB化と、ハンドルノブの2BB化です。

18フリームス8BB化チューニングキットの内容

  • ラインローラー用BB×1個
  • ローラーワッシャー×2枚
  • ハンドルノブ用BB×2個
  • チューニング説明書

これらの3つのBBを追加し、MAX8BB仕様にできるキットです。

ベアリングは2つの種類が用意されており、徹底的に精度と高感度を優先した淡水向けの「SHGプレミアムベアリング」と、ソルトでの防錆を強化した「HRCBハイパーレジストケミカルベアリング」から選択できるようになっています。

エリアトラウトやバス等、淡水での感度を要求される繊細な釣りにはSHG、海水使用での耐久性を重視するならHRCBが適していますね(価格はベアリングの種類によって変わります)。

取り付けは簡単♪

You Tubeのヘッジホッグスタジオチャンネルで交換方法を解説してくれています※動画は15レブロスのものですが、交換方法は同じです。

フルベアリングキットは、18フリームスの全機種に取り付けが可能となっており、これにより、さらに滑らかな巻き心地と、糸ヨレなどのトラブルの少ない快適な釣りが楽しめます。

※ダブルハンドルモデルのみ適合ベアリングキットの品番が異なります。詳細はヘッジホッグスタジオのサイトにてご確認ください。

⇒18フリームス8BBキットの詳細を確認する

ベアリングを購入するにあたって

ヘッジホッグスタジオの通販では合計5,000円以上購入すると送料無料になります。

チューニング用のカスタムパーツだけでなく、シマノやダイワの純正パーツも取り扱いをしているので、必要なパーツや、メンテに必要なオイルなどもついでに注文してしまう方がいいですね

おすすめは、ロングタイプのハンドルスクリューキャップ⇓



リールの保護はもちろん、左右の重心バランスも改善されるので、必須アイテムです。


その他、オイルの注入方法の解説など、充実したコンテンツが用意されています。リールを大切に長く使うためには、一度チェックしておいたほうがいいですね。

⇒HEDGEHOGSTUDIOのHPへ