Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【京都ライブの後はやっぱり…】琵琶湖へバス釣りに行ってきた

今回は、久しぶりのブラックバス釣りの話。

昨年の9月以来、念願の琵琶湖への再チャレンジです。

どっちがついでなんだか…

6月8日は京都でのライブでした。

写真はライブ前に食べた祇園「むらじ」の鶏白ラーメン

濃厚な鶏白湯スープで、美味しゅうございました。

 

というか、ライブの写真が一枚も無かったのだ…

 

決して釣りのついでに仕事をしてきたわけじゃない。

それだけ一生懸命だったって事だ…よ?

 

そう…せっかく京都まで来たのだから、仕事が終わったら琵琶湖で釣りなのです!

昨年9月以来のブラックバス釣り♪

今回も琵琶湖マスターの小野さんのガイドの元、60アップのバスを狙っていきます。

タックルは、シーバス用タックルをそのまま持ってきた(笑)

さぁ、今回も琵琶湖の神様は微笑んでくれるのでしょうか…?



世界一のバスの聖地琵琶湖

今回は、オカッパリ限定の釣行です。

ウェーダーが荷物になりすぎて、持って行けなかったのだよ…

AM2時頃スタート!

辺りは真っ暗だけど、こんな時間にもかかわらず結構多くのバサーがいて、東京湾奥のシーバスどころじゃない人気っぷりが伺える。

前日の雨の影響か、水は濁り気味

30分ほどキャストするも、反応が無い。

あまり粘らずに移動です。

 

お次は、小野さんがこの日の本命と読んでいたポイント。

さっきまでシーバス用ベイトタックルで強気に巻物をぶっ飛ばしていたのに、とりあえず一匹釣りたくてライトタックルに持ち替え…

まだ1時間もやっていないのに、すでに弱気。

チニングロッドのシルバーウルフMX72L-Sに、18フリームスLT2500S-XH

このタックル、本当に万能すぎる。

 

辺りは段々明るくなって来て、水面ではベイトもチラつき始めた。

美しい琵琶湖の夜明け…

さっきからギルと思われるバイトはちょこちょこあるのだけど、全く乗らない。

琵琶湖のブルーギルは激減したと聞いていたけど、岸際で戯れる小型のギルはチラホラ目視出来たので、それなりに回復して来てるのかもね。回復がいいのか悪いのかは別として…

 

朝まずめのホットな時間。

稚鮎と思われるベイトボールが其処彼処に出来て、とってもいい雰囲気なんだが…

しかし、まー釣れませぬ…

ブラックバスの釣り方なんて20年前に忘れてしまったので、小野さんのアドバイスを信じてキャストを繰り返すだけ。

きっと釣らせてくれるはず(他力本願)

しかし、本命のバイトは無いまま時だけは過ぎ…

気がつけば、湖岸沿いにズラーッと等間隔にアングラーが並んでいる

 

人多すぎ!

そして、魚少なすぎ!

 

見渡す限り、2匹しか釣れてるところを目にしていない。

バスより亀の方が多いんじゃね…?

ワームを追ってくるので、ついつい遊んでしまう。

かわいい。

 

岸辺では、ジャンボタニシが産卵中

最初見た時は、蛍光ピンクの物体が駄菓子か発泡スチロール片に見えたわ…

Twitterでフォロワーさんに聞いたみたところ、これはジャンボタニシだと教えてくれた。

調べてみたらスクミリンゴガイという外来種で、卵は見た目通り有毒。

食用として日本に持ち込まれたものの需要が上がらず、自然界に棄てられた物が繁殖し、現在では駆除の対象となっているそうな。

ブラックバスやブルーギルと似たような運命を辿っているジャンボタニシ…

琵琶湖には、有名な外来魚回収ボックスがある。

恐る恐る中を覗いてみたところ、何も入っていなかった。

 

釣り上げても、元気がいいと暴れて逃げちゃうもんね…



信じていれば奇跡は起こる?

すっかり日も高くなり、アングラーも帰り始めた。

普段、東京湾奥の水に慣れているせいか、琵琶湖の水がすごく綺麗に感じる。

稚鮎は相変わらず岸辺では群れているが、いかんせんバスがいない。

とテーも釣れる気がしない…

このままやっていてもダメ感満載なので、雰囲気の違う場所へと移動です。

移動した先では、稚鮎のナブラがあったり、橋の上からは50アップのバスの姿も確認する事ができ、なんだか良さげ。

もう、すっかり弱気になっている僕は、ライトリグ一択

20年以上前に買った、ゲーリーのカーリーテールワームのテールをカットしたやつだ。

KUTテールの元になったのがコレ。おそらく若者はその経緯を知らないんじゃなかろうか…

ネイルシンカーをセットしてネコリグに。

ちなみにフックはエリアトラウト用のバーブレスフックといういい加減さ…

バス用品は、処分しちゃってたのよねぇ。

 

コレをキャストしてボトムをとったら、ひたすらシェイクしながら巻いてくる作業。

 

そう、もはや作業だ…

 

釣れる希望など、とうに無くしている。

すでに思考停止している僕は、ロボットのようにシェイクを繰り返すだけの状態。

 

しかし、これが功を奏したか…?

 

殺気の無いワームが、何者かによって押さえ込まれた…

 

昔は電撃フッキングなんて言われていたけど、最近の流儀に習ってしっかり送り込む。

 

スーッとティップが入っていき…ロッドを送ってリールを巻きながらのスウィープフッキング!

 

よっしゃー、食った〜!!

 

周りに民家は無いので、つい叫んでしまった。

つーか、叫ばずにはいられんわ(;´∀`)

 

シルバーウルフMXが大きく弧を描き、フリームスのドラグが出る。

足元まで寄せて、40前後のグリーンゴールドの魚体がギラッと反転したのが見えた…

 

…と、その瞬間。

 

テンションが抜け、フッと軽くなった。

 

 

え?

 

え…?

 

あれっ…?

 

 

 

 

 

バレたー(;´д`)

 

琵琶湖に悲痛な叫び声がこだまする…

 

笑うしかない…

楽しすぎる(笑)

 

その後、タイムアップギリギリまで粘ったが、ノーバイトのままストップフィッシング!

 

ノーフィッシュ!完敗!

 

リベンジを誓い、琵琶湖を後にいたしました。

絶対また来る!!



本日の釣行まとめ

いつもガイドして下さる小野さん、今回もありがとうございましたm(_ _)m

キャッチは出来なかったけど、やっぱりバス釣りは楽しい!

琵琶湖へはなかなか行けないけれど、関東でもやってみようかなぁ。

タックルデータ

ロッド:ダイワ・シルバーウルフMX72L-S
リール:ダイワ・18フリームスLT2500S-XH
ライン:シーガー・R18フロロハンター 5lb

Twitter始めました

釣行時の状況をリアルタイム発信!
是非フォローをお願いします♪

釣リズムのTwitterをフォロー