Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【湾奥河川バチ抜け終盤戦】春一番の新中川で良型シーバスゲット

久しぶりの新中川釣行

釣行データ

  • 日時:3月9日18:50~21:20
  • 場所:新中川
  • 気温:11℃
  • 風速:南西の風8~16m
  • 表水温:12.2℃
釣行時のタイドグラフ

もうそろそろ河川のバチ抜けも終わっちゃうし、どこへ行こうかと思っていたら、保ちゃんから「釣ったぜ」とラインが来た。

たまーに2匹以上釣ると、すぐ調子に乗る(笑)

まぁでも、保ちゃんでも釣れるって事は、よほど魚が入ってるんだなということで…

久しぶりに来ました新中川

この日は関東地方に春一番ということで、風速15m以上の南西の暴風が吹き荒れ、軽いルアーを使う繊細なバチ抜けの釣りには最悪な状況。

なので、風裏を探してイン!

今日は、また僕の魚を横取りしようと目論むフジモン氏も同行

素敵なネットですな。

満潮時刻からのスタート。

まだ流れは上げている。

少しすると、バチがちらほらと抜けてきた。

今日は釣れるっしょ~!



「昨日は良かったのにパターン」発動

期待に胸を膨らませて釣りをすること1時間…

 

アタリもカスリもしやしない…

 

風で波立っているせいでライズの有無はよくわからないが、水音がしないので多分ほとんど無い状況だろう…

それでも、今さら動けないので釣りを続けるしかない。

 

しばらく頑張っていると、足元でライズが出始めた。

 

魚っ気が出てきたね~

 

足元でライズを繰り返す魚…

チラッと見えた横顔が淡水魚に見えたような気もしたけれど、それでもいいからとりあえず竿を曲げてみたい。

そう思って、信頼のエリテンを取り出し、足元を流す。

タックルベリーで見つけた、不明カラー

コイツを流すこと数回…

 

立ち位置からほんの5m位先の、さっきライズが出た辺りの水面がモワッと盛り上がり、グンッ…とティップに重みが乗った。

 

ヒット~!

 

グネングネンとゆっくり首を振り、すぐに観念した様子の魚

 

「あー、やっぱゴイニーだったか…」

 

と思ってランディングしようとライトで照らしてみたところ

 

 

シーバスじゃん!

 

 

しかもナイスなサイズ。

至近距離でのヒットだった割にあまり暴れることもなく、すぐにネットイン

あぁ、そうだ…

バチ抜けの時の良型って、淡水魚と間違えるような引きをすることがあるよね…

メジャーを当ててみたら76cmもあった

頭のサイズから、ランカー行ったかと思ったけど、どうも昨年からこのサイズの壁を超えられない(;´Д`)

でも、嬉しいけど♪

 

保ちゃん…

まぁざっとこんなもんよ(笑)

 

この後は、ライズもバチ抜けも盛り上がること無く、2バイトもらって乗せられず終了。

昨日は良くても、一日で状況はガラッと変わる。

魚薄く、、お約束な感じでした(;´д`)



本日の釣行まとめ

ついつい遠投したくなるけれど、実は足元こそが狙うべき一級ポイントだったりする。

バチボイルは淡水魚と区別がつきにくいので、とにかく狙ってみるといいことがあるかも…

そして、やっぱりエリテンは優秀!

この日の新中川には、ハクの姿も増えてきました。

河川バチのハイシーズンが終盤を迎えると、そろそろハクパターンの季節ですね。

準備はOKですか?

【難攻不落のマイクロベイト攻略法】ハクパターンのシーバスの釣り方とオススメルアー10選

タックルデータ

ロッド:ダイワ・モアザンエキスパートAGS 93L/M-S
リール:ダイワ・ルビアス2510PE-H
ライン:クレハ・シーガーR18完全シーバス0.8号
リーダー:山豊テグス・フロロショックリーダー20lb
ヒットルアー:ガイア・エリア10