【連夜の隅田川バチ抜けシーバス釣行】衝撃!ホモ谷君はホモではなかった…

連日連夜の隅田川。今日は、ホモ仲間5人で賑やかなバチ抜けシーバス釣行です。

人類みな兄弟

前日の夜のこと、Musician’s釣り部の若さんから、突然LINEの新しいグループへと招待が来た。

その名も「ホモ谷君がホモでいられる釣り部」…

若さんいわく、これまでMusician’s釣り部の方とホモ谷くんと別々で連絡取り合ってたから、ホモをピックアップしてグループにしたとのこと…

なんだそりゃ(笑)

なんだかもう滅茶苦茶…

そしてその次の日、早速隅田川のハッテン場へと、5人のホモ(疑惑)が集まることに。

「ホモ部」部長若さん

ホモ口さん

そして、主役のホモ谷くんは気が早ったのか、既に現場入りして一匹ゲットしている。

ホモ谷くんの先輩(ノーマル?)も遅れて登場(画像なし)。

そして、わたくし“さホモと匡生”でお送りいたします。

みんなでワイワイの隅田川バチ抜け

満潮時間は21時頃だったが、日没頃に入ったホモ谷くんは、まだバチが出る前に既に一匹釣っていた。

こりゃ幸先がいい。今日も爆釣か!?

20時頃に若さんと一緒にポイントに入ると、クルクルバチが少し出始めていた。

とりあえず、いつものようにアルデンテからスタート

クルクルバチは少しずつ数を増し、それにともなってボイルも増えてきた。

しかし、今日はアルデンテでは全然バイトが出ない…

手前より、まだ上げの流れが走っている沖の方がボイルが多い感じだったので、遠投できるマニック75にチェンジ。

すると、反応が出てきた。

乗らないバイトを数回と、一本即バレ。

粘ってやっとヒット!

40cmクラスのフッコさん

この魚をリリースした頃には、辺り一面クルクル祭りに…

ルアーをとっかえひっかえして、少しバイトは出るものの、なかなか乗らない悶絶タイムに突入していく。

ホモ谷くん衝撃の告白…

なかなか乗らない悶絶タイムも、仲間と話しながらは楽しい♪

そんな中、ホモ谷くんから衝撃の告白が…

 

ホモ谷:「僕のことホモ谷って名前で浸透してきてますけど、案外素質があるんじゃないかって思ってるんですよね…」

 

!!?

 

これまで、「ホモ谷」という名前で散々このブログで茶化してきたが、実際はいたって男らしい好青年で、もちろん恋愛対象も女性である…はずだった…

が、しかし。

ここで、ホモ谷くんの先輩T氏から衝撃の一言…

 

T氏:こいつはホモじゃないですよ。バイです!

 

一同:!!!?

 

ホモ谷くんは、「バイ谷君」だったのだ…

 

人生2バイ楽しんでる…

 

そして、この告白からホモ口さんがグイグイ来るようになった。

硬くて長い竿が好きなんだそうだ。この人も我慢していたのだろうか…

そんな折り、疑惑のホモ口さんにシーバスがヒット!

ホモ口さん!

後ろ!後ろー!

まんざらでもない様子(笑)

バイ谷君とホモ口さん、お幸せに♡

釣果の程は…

このクルバチ祭りも流れが下げに転じた後は消えてしまい、時合は終了のようす。

魚数の割に貧果に終わったホモ部活動でした。

あれ?若さんは?

安定のホゲ!

そういえば、釣れなかった時によく使われる「ホゲ」って言葉、元々はソッチ系の人の用語らしいですね。

ホモ部にはちょうどいい。

今年の夏は熱くなりそうだ…

 

※人物の設定はフィクションです(たぶん…)

関連記事

クルクルバチ攻略法⇓

【春~初夏の悶絶タイム!】クルクルバチパターンのシーバス攻略法とおすすめ必勝ルアー7選!

バチ抜けについて⇓

How To ? バチ抜け【東京湾奥バチ抜けシーバスを攻略する】バチパターンの釣り方とオススメのルアー7選

隅田川釣行記⇓

参考 隅田川釣行記釣リズム!