【最小記録更新!?】春の荒川はマイクロベイト祭りなシーバス釣行記

4月の東京湾奥は、今年生まれたばかりのマイクロベイトが沢山。時々ルアーにも引っかかってくることがありますよね。

そんな引っかかって来てしまった小魚に、意外なヤツがいたのです…

稚魚がうじゃうじゃ湾奥河川

強い風の吹いた日の風下側には、吹き寄せられたハク(ボラの稚魚)やアミなどの小さなベイトが沢山見られます。

これらのマイクロベイトは、風にも影響されて吹き寄せられてしまうほど遊泳力が弱いので、風裏より風表を探した方が多く溜まっているもの。

先日の爆風釣行時のように、それを狙ってシーバスも寄っているだろうと目論んで、荒川下流の風下側に入りました。

釣りを開始したものの…

セオリー通り、入った風表ポイントにはマイクロベイトがうじゃうじゃです。

なのにボイルは全く無い。シーバスいないのかな…?

とりあえずキャストを始めます。

ルアーを引いてくると、ロッドに伝わってくる挙動が僅かながら変わるのを感じる。

上げてみると、やっぱり…

ハクが大量にいるので、どうしても引っかかって来てしまうのだ。

ごめんね…

流れはいい感じに効いているし、ベイトも沢山いる。それに着いたシーバスもいるはずだろうと、キャストを続ける。

しかし…

あぁ…

ごめん…

時にはトリプルヒットも…

ハクが多すぎる上に、遊泳力が弱いから、ルアーを避けることもできずに、引っかかってしまうのだ…

ごめん…

なんか違う稚魚?

そんな中、引っかかってきた小魚に違うシルエットの物が。

よく見てみると…

シラウオ?シラスウナギ?

調べてみたところ、尾びれの付け根の2個の斑点の特徴から「イシカワシラウオ」みたいです。

風の吹き溜まりは、様々な小魚が溜まっています。

シーバスの最小記録を更新!

キャスト再開。

やはり、度々ハクが引っかかってくる。

しかし、なんかビミョーに違和感を感じた魚体をよく観察してみると…

目を凝らして見る。

あれ?これって…

シーバスじゃん!

小さいながらも、馴染みのある特徴的なシルエット。

二つに分かれた背びれ。大きな口。

背中には、若魚特有の斑点も見える。

上のソラリア70Fと比較すると、体調2.5cmといったところでしょうか…

 

シーバスの最小記録更新です!スレですが…

 

まさか、こんなサイズのシーバスを見られるとは思わなかったので驚きました。

大きくなる前にきっと相当数が、様々な魚によって、時には同じシーバスの餌として命を落としていくのでしょうね。

こんなサイズなら、ハゼにすら食われることもあるでしょう。

とは言え、不本意な形で命を奪う事になってしまったのには罪悪感を感じる…

その後もバイトも無く、この日は親シーバスはお留守のようす。

もはや、ただの稚魚大虐殺と化してしまっているので、納竿としました。

さいごに

釣りをしているとどうしても引っかかってきてしまう小魚。

よく観察してみると、今後の釣りのヒントになる物が見つかるかも知れませんね。

小魚を食べて集中力アップ!シーバスの気持ちになれば釣れるかも…